デロイトトーマツコンサルティング  第二新卒採用 poolユニット
2023/03/15

デロイトトーマツコンサルティング 第二新卒採用 poolユニット

監修者

sincereed株式会社白石 巴実

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてIT領域のキャリアアドバイザー、新人育成リーダー業務に従事。その後SaaSスタートアップ企業での採用責任者を経験。
コンサルティングファームへの転職支援に特に強みを持ち、大手総合系コンサルティングファームやシンクタンク系ファーム、さらには国内特化系のファームまで幅広い支援実績を持つ。

大手コンサルティングファームで有名なデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下 デロイト)では、現在業績好調ということもあり若手、特に第二新卒クラスを積極採用しています!

第二新卒の方でコンサルタントを目指している方は是非この機会にご応募下さい。

 

2023年10月1日入社の第二新卒採用応募は締め切りになりました。

デロイトでは年2回、第二新卒採用を実施しておりますので、次回選考に向けた選考対策をsincereedでも支援しております。

ご興味のある方は是非ご相談頂ければ幸いです。

 

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

Poolユニットとは?

デロイトの中途採用においては各部門単位で採用を行っていますが、このPoolユニットは第二新卒者限定となっています。同部門では、前職での経験に関係なく、特定のサービス領域・業界に限定しない幅広い領域、業界のプロジェクトを担当できます。

充実した育成制度が用意されており、プロジェクトベースで経験を積みながら、コンサルタントとしての基本スキル・経営感覚を身につけることが可能です。

シニアコンサルタント(ビジネスアナリスト→コンサルタント→シニアコンサルタント)へ昇格するまでに自分の専門性を確立し、昇格後は該当するユニットに所属して専門性を深めていきます。

特定の領域に偏らない様々な経験を積める

特定の部門に所属するわけではないので、幅広い領域、業界のプロジェクトを経験できます。中途採用の場合にはこれまでの経験から所属部門が決まりますが、第二新卒の場合にはまだ社会人経験が浅いため、自身に合う専門分野を見つけていけることも大きな魅力かと思います。

1人前のコンサルタントになる育成制度

専門領域を絞る前に広範囲の経験を積み、シニアマネジャーに到達する段階で複数分野で活躍できる専門性を身につける「アワーグラス・モデル」を導入。

デロイトの教育制度は、実際のプロジェクトを通じたOJT と研修等を通じたOFF-JTの2つがあります。

 

■OJT

OJT においては、アサイン(配属)されるプロジェクトの中で、その役割や期待される成長目標を設定、それを基にプロジェクト終了時の評価フィードバックが実施され、次回プロジェクトでは何が必要かを細かく確認していきます。またプロジェクトにおいても上司・先輩コンサルタントから日常的に指導育成が行われます。

 

■OFF-JT

OFF-JT でも、デロイト では体系的なプログラムと豊富なトレーニングメソッドが整備されています。コンサルティングスキルや業界知識といったコンサルタントに必要とされる基礎的な能力を、各ランクレベルに沿って身につけることができます。また研修の多くはグローバルのカリキュラムと連動させながら、日々コンテンツの見直しや充実を図っています。

多様な成長機会

デロイトでは公募での異動制度を取り入れており、上長の承認なく応募いただくことが可能です。デロイト内の部署はもちろん、クライアントや国際機関への出向など、四半期毎に実施される公募では毎回30以上のポジションがオープンになり、多様な成長機会へのチャレンジを後押ししています。

個々に合わせた働き方

■ワーキングプログラム

育児・介護・不妊治療を理由としたワーキングプログラムが複数種類あり、働き方・働く時間・目標設定などを制約の大きさに応じて希望するコースを選択することができます。 また、シッター費補助も行っており、コロナウィルスの影響による休園・休校時には特別休暇やシッター費の全額補助も用意しています。

 

■ネットワーキング

育児、介護や国籍などの共通するバックグラウンドを持つメンバー同士の交流会を毎月開催しています。共通する悩みを持つ方とのネットワークを広げていただくサポートも進めています。

募集要項

ポジション コンサルタント(ジュニア・スタッフクラス)※2023年10月1日入社

2023年10月1日入社の第二新卒採用応募は締め切りになりました。

仕事内容 経営コンサルタントとして幅広い業界のクライアントに対し、企業戦略・事業戦略、組織変革、CFOサービス、オペレーション変革、M&A、ヒューマンキャピタル(人事組織)などのサービスを提供していくことで、複雑に絡み合う経営や社会課題をダイナミックに解決していきます。
応募要件 【必須要件】・前職がコンサルティングファームでの実務経験全般が約2年未満の方

・事業会社・金融機関・監査法人出身での勤務経験が約3年未満の方

※入社日も指定となり、新卒と一緒に入社時研修を受けていただきます。

応募タイミングや面接調整状況、定員数により入社時期を変更させていただく可能性がございますので、あらかじめご了承ください。(2023年10月1日入社となります。)

【学歴】

・大学卒業以上(MBAホルダーの方も歓迎いたします)

【職歴】

Digital/Technology領域のご経験者を歓迎いたします

【語学】

・日本語…ビジネスレベル(日本語能力検定1級相当)以上が必須要件

・英語…ビジネスレベルの方歓迎(向上意欲があれば日常会話 レベルも可

勤務地 東京
キャリアパス ・内定後、6つのOffering Portfolio Poolから、説明会や配属アンケートを通じ、マーケットニーズや本人の希望、経歴等を勘案の上、配属が決まっていきます。入社後は、配属になったOffering Portfolio Poolの領域での専門性を身につけて行きます。

・シニアコンサルタント昇格までに必ず1つのOffering Serviceに関する専門性を身につけていただき、シニアコンサルタント昇格後はユニットに所属して専門性を深めていきます。

・マネジャー、シニアマネジャーに昇格した後は、所属ユニットにて専門性を深めるとともに、複数分野で活躍できる専門性を身につけていきます。

想定給与 給与:基準年額 580万円以上 昇給年1回

賞与:業績連動賞与あり(2回)

その他待遇 勤務時間:フレックスタイム制

諸手当:出張日当、通勤手当

休日:土・日・祝日、年末年始、年次有給休暇、夏期休暇、特別有給休暇、慶弔休暇、育児休暇

福利厚生: 各種社会保険完備、企業年金基金、退職金制度、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、定期健康診断、保養施設利用補助、カフェテリアプラン

デロイト トーマツ コンサルティングの会社概要

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、イノベーション、デジタルトランスフォーメーションに取り組むクライアントに対して、ビジネスとテクノロジーの観点から戦略を提案、遂行支援し、クライアントがマーケットをリードするために必要なコンサルティングサービスをEnd-to-Endで提供しています。

また、国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本国内におけるデロイト トーマツ グループに属しています。グループである監査法人や、税務、法務、そしてFASなどのメンバーファームと協業することや、さらにはグローバルとの連携も多く、クロスボーダーにあらゆる会社組織・機能へのコンサルティングが可能となっています。

 

会社名 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
会社名 (英名) Deloitte Tohmatsu Consulting LLC
設立年月 1993年4月
資本金 500百万円(2018年5月末現在)
代表者 佐瀬 真人(代表執行役社長)
人員数 3,846名(2021年5月末日現在)
本社所在地 東京 丸の内

東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 丸の内二重橋ビルディング

大阪 

大阪府大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビルディング

京都

京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20 四条烏丸FTスクエア

福岡 

福岡県福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ

 

デロイト トーマツ コンサルティングへのご転職をお考えの方へ

sincereedはコンサルティングファームをはじめ、多くの転職支援経験や業務経験を有するエージェントです。書類から選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

コンサルタントへのキャリア、デロイト トーマツ コンサルティングへの転職にご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

 

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。