IT系コンサルティングファームとは
2023/06/01

IT系コンサルティングファームとは

監修者

sincereed株式会社白石 巴実

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてIT領域のキャリアアドバイザー、新人育成リーダー業務に従事。その後SaaSスタートアップ企業での採用責任者を経験。
コンサルティングファームへの転職支援に特に強みを持ち、大手総合系コンサルティングファームやシンクタンク系ファーム、さらには国内特化系のファームまで幅広い支援実績を持つ。

テクノロジーを活用して企業の課題解決に向けたコンサルティングサービスを提供しているのがIT系コンサルティングファームです。

いわゆる経営コンサルティングファームとの違いは、ITソリューション提供がメインになる、という点ですが、システム導入をして終わりではなく、さらにその上流である「経営課題を解決するためにどのようなIT活用が必要なのか」というところから始まり、問題解決のためのソリューションを提案、さらには定着まで伴走するファームもあります。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

テーマが広がりつつあるIT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームとは、テクノロジーを活用して企業の課題解決を行うコンサルティングファームです。IT技術の導入・運用、システム開発、セキュリティ対策、データ分析など、幅広い分野のコンサルティングを提供しています。

すべてのファームが上記のような幅広いテーマを扱っているわけではなく、ITの中でもデータ領域、CRM領域、セキュリティ、クラウド・インフラ領域、といった各分野に強みを持つファームが多くなっています。

 

IT系コンサルティングファームの主なコンサルティングサービスは、以下のとおりです。

・企業のIT戦略策定

・ITシステムの導入・運用

・システム開発・導入

・サイバーセキュリティ

・ビッグデータ解析

・DX(デジタルトランスフォーメーション)

・AI

 

IT系コンサルティングファームは、企業のIT化を支援することで、企業の競争力強化や経営効率化に貢献しています。

1〜500名規模の中規模ファームが多いですが、同じテーマを扱う部門を大手総合系コンサルティングファームやシンクタンク系コンサルティングファームが持っているケースもあります。そのため、他領域のファームであってもITに特化したコンサルサービスを展開しているため、ITコンサルタントへの転職をお考えの方は、自分のスキルや経験、さらに今後どのような領域で力をつけていきたいのかを整理し、それを実現できるファームを選ぶことが重要です。

 

また、IT系コンサルティングファームでは、常に新しい技術やトレンドを学ぶ必要があります。そのため、常に学ぶ意欲がある方や、新しいことにチャレンジしたい方に適した職業です。

在籍するコンサルタントのメリットとしては、

・常に新しい技術やトレンドを経験できる

・大手企業がクライアントのため、自身の成果が新聞一面に載るなどやりがいも大きい

・知名度の高いファームが多く今後のキャリアにも箔が付く

といったものがあります。やりがいや自己成長が感じられ、さらには将来のキャリア形成においても大きなメリットがあります。

代表的なIT系コンサルティングファーム(ITコンサルを提供するファーム)

いくつか業界を代表するIT系コンサルティングファームや、ITコンサルティングを得意とする部門を持ったコンサルティングファームも合わせて紹介していきます。

フューチャーアーキテクト

IT系コンサルティングファームの中でも老舗であり、1989年に設立されたファーム。現在においては親会社フューチャーがプライム上場しており、グループで2500名を超える国内でも最大規模のIT系ファームグループとなっています。

大きな強みは幅広いIT技術と豊富な知識。公表されている佐川急便の基幹システムや、ABCグループのデジタル戦略、千葉銀行・常陽銀行など地方銀行の営業支援システム、損保ジャパンにおけるセキュリティ対策、そのほかにも日本経済新聞社、ワコール、ローソンなど、手掛けたITコンサルティングの業種、テーマは幅広く最新のIT技術やトレンドを常に把握し、クライアントのニーズに応じたソリューションを提供しています。

ウルシステムズ

2000年創業の国内屈指のITコンサルティングファーム。新規サービスの創出や業務プロセスの刷新など、ビジネスにインパクトを与えるIT投資をサポートしています。

設立当初はオブジェクト指向技術によるITコンサルティングが定評でしたが、現在ではITに対して様々な企業ニーズから、AIなどの先端技術を活用したテーマや、アジャイル開発、業務システム変革、デジタル領域における人材育成、CIO支援など非常に幅広いコンサルティングを提供しています。クライアント企業も製造業から流通小売、金融、公共、と広く従業員も約500名の規模となっています。

野村総合研究所

日本初の本格的な民間総合シンクタンクとして誕生したシンクタンク系コンサルティングファーム。民間企業・官公庁に対してリサーチ、コンサルティング、ITソリューションをトータルで提供しており、米国ペンシルバニア大学による2019年グローバル・シンクタンク・ランキング(営利企業部門)では、1位に位置づけられています。

売上高は6000億円を超えており、多くがITコンサルティング領域。AI、IoT、ブロックチェーンなどの最新技術を活用すると共に、セキュリティやデータ活用領域についてもグループ会社と連携したサービス提供や日本国内だけでなく、アジア、欧米、中東など、世界各国に拠点を展開しています。

アクセンチュア

世界最大規模の経営コンサルティングファームであり、ITコンサルティングにおいても売上規模、従業員規模ともにグローバルトップクラスとなっています。大きな強みは一気通貫のコンサルティングであり、戦略からITシステムの開発・導入、さらには定着に向けたオペレーションや保守運用までカバーしています。Web3.0やAIなどの最新技術を用いたコンサルティングはもちろん、あらゆる業種・テーマにおいてコンサルティングを提供しています。

また北海道や福島にイノベーションセンター、福岡・熊本にも拠点を立ち上げ、クラウド、データ分析、RPA、AI、Mobile、DevOps、アジャイルなど、最新技術を活かした開発・ITコンサルを展開。さらに優秀なコンサルタントやエンジニアを育成するための教育機関としての位置づけも強いです。SAP、オラクル、マイクロソフト、セールスフォース・ドットコム、ワークデイなどあらゆるソリューションにも対応しており、パートナー企業として数々の受賞実績があります。

デロイトトーマツコンサルティング

国内を代表するマネジメントコンサルティングファームであり、総合系コンサルティングファームとして有名です。デロイトではITコンサルティングの専門部隊であるデロイト トーマツ ノード(D.Node)やデロイト トーマツ アクト(DTakt)と連携しDX戦略や、クラウドソリューション導入、さらにはAIなどの最新技術を用いたコンサルティングを提供しています。

特徴的な点は、単にITコンサルティングのみをクライアントに提供するだけでなく、最上流である戦略コンサルから提供できるという点です。総合系ファームの強みとして上流から下流までワンストップで提供しているため、部門として一部分のコンサルテーマに関わることはあっても、プロジェクト全体も見ることができるため、他部門、他企業とのコラボレーションも多く、コンサルタントとしていい刺激をもらえる環境でもあります。

 

コンサルタントへのご転職をお考えの方へ

コンサルタントへの転職は一般的な事業会社への転職と比べ非常に難易度が高いです。そのため、選考において論理的思考能力やコミュニケーション能力などコンサル適性が伝わる、応募書類・面接対策が不可欠です。

sincereedは大手総合系コンサルティングファームをはじめ、国内シンクタンク系ファーム、IT系ファーム、特化系ファームなど、コンサルティングファームへの幅広い支援実績を持つ転職エージェントです。コンサルタントへの転職をお考えの方、ご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。