特化系コンサルティングファームとは
2023/06/07

特化系コンサルティングファームとは

監修者

sincereed株式会社白石 巴実

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてIT領域のキャリアアドバイザー、新人育成リーダー業務に従事。その後SaaSスタートアップ企業での採用責任者を経験。
コンサルティングファームへの転職支援に特に強みを持ち、大手総合系コンサルティングファームやシンクタンク系ファーム、さらには国内特化系のファームまで幅広い支援実績を持つ。

ある特定の業種、テーマに特化したコンサルティングを展開しているのが特化系コンサルティングファームです。製造業や中小企業、PRやプライシングなどが例ですが、会社機能としての人事やIT、財務領域についても特化系と言えます。

コンサルティングファームの種類分けについては明確な定義がなされていないため、今回は一般的な事例をご紹介していきます。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

なぜ領域・テーマに特化しているのか?

コンサルティング=企業の課題解決 であるため領域やテーマに限らず、企業の困っていることを手助けするのがコンサルタントの役割です。しかし、企業の課題を取り巻く背景はさらに複雑化し、すべての課題について一つのコンサルティングファームが解決をすることは非常に困難になってきました。

各業界における法改正・法整備から専門的な知識・経験が必要になったこと、さらにはITによる業務効率化や最先端技術の利用なども後押しし、発注側の企業においても「より専門性の高いコンサルタントに相談したい」というニーズが増加したことが、特化系ファームが生まれた経緯です。

 

これら特化系ファームの特徴は、あるテーマの専門家集団というだけでなく、多くは大手コンサルティングファームなどを経験した熟練のコンサルタントたちが独立して設立されたファームであること、少数精鋭でクライアント企業も大手~中小と幅広いことが挙げられ、テーマの専門家として他ファームのプロジェクトにスポットで入ることもあるようです。

 

特化系コンサルティングファームのコンサルティングテーマは例えば以下のとおりです。

製造業

・金融

・消費財

・医療ヘルスケア

・マーケティング

・PR

・PMO

・Web

・財務

・税務

・セキュリティ

・データ分析

・などがあり、このテーマは年々広がりを見せています。

 

≪製造業特化のコンサルティングファーム≫

製造業が抱えるあらゆるテーマにおいて、コンサルティングを手掛けており、例えば

・企業の戦略立案や新規事業

・生産性向上

・品質管理

・コスト削減

・サプライチェーンマネジメント

・システム導入

などのコンサルティングテーマがあり、さらにはこの中でもSCM領域に強い、現場業務効率化に強い、といった特徴を各社が持ち合わせています。

 

≪セキュリティ特化のコンサルティングファーム≫

近年話題のテーマの一つであり、まだ特化系ファームとして台頭している企業は少ないものの非常に注目されている分野となっています。

 

・マルウェアやウイルス感染によるインシデント

・従業員による情報不正流出

・自然災害における事業継続のリスク

 

など企業が抱える事業活動における様々なリスクを鑑みた対策や、トラブルが起こってしまった際の早期立ち直しのためのロードマップ策定などがコンサルティング内容となっております。

些細なことから事業継続が不可能になったり、消費者、取引先からの信用が低下したりと企業経営に大打撃となってしまう昨今において、”守り”をテーマとするコンサルティングニーズも増えています。

 

≪サステナビリティ特化のコンサルティングファーム≫ 

まだ非常に数は少なく、大手コンサルティングファーム内で専門部署として存在しているのがサステナビリティ特化のコンサルティングです。

機関投資家の中では企業のESG投資やサステナビリティへの取り組みを投資意思決定に利用する動きが欧州などで活発化しており、企業の社会的責任を果たしているのかという点が今後の企業戦略のテーマの一つとして注目されています。

 

「SDGs」と言った方が分かりやすいかもしれませんが、コンサルティングにおいてはSX(サステナビリティトランスフォーメーション)とも呼ばれており、サステナビリティの実現を支援するだけでなく「事業戦略に紐づけたサステナビリティの実現」を視野に継続性のある中長期的な視点での事業戦略策定を支援しています。

 

パーパス経営など企業の社会的な存在価値や社会的意義を意味する言葉として最近目にする機会も多くなっているかと思います。パーパス=企業の存在意義を通し、企業活動と同時に社会への貢献を目指す戦略作りが求められつつあります。

コンサルタントへのご転職をお考えの方へ

コンサルタントへの転職は一般的な事業会社への転職と比べ非常に難易度が高いです。そのため、選考において論理的思考能力やコミュニケーション能力などコンサル適性が伝わる、応募書類・面接対策が不可欠です。

sincereedは大手総合系コンサルティングファームをはじめ、国内シンクタンク系ファーム、IT系ファーム、特化系ファームなど、コンサルティングファームへの幅広い支援実績を持つ転職エージェントです。コンサルタントへの転職をお考えの方、ご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

 

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。