書類準備に苦労したコンサル転職
2022/08/21

書類準備に苦労したコンサル転職

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

ご経歴

新卒で金融事業を展開する大手企業に入社。約4年間の営業現場配属を経て事業戦略部に配属され、損保代理店、IoT装置活用クレジット、コンシェルジュサービスの立ち上げに従事。その後は、社内の3ビジネスユニット化により、グループを横断したDX企画提案を中心に行っていました。
DX担当企画としては、グループ横断ポータルサイト開発、販売管理システム開発、LINEを活用したO2Oシステム開発、toC向けサイト立ち上げに関わり、直近では事業側PMとしてプロジェクト管理を行っていました。

 

転職理由

現職では要職のポジションで事業をつくることにやりきった感覚があること、もっと視野を広げて自身の業務知識・ITスキルを上げていきたいこと、の2点から転職を考えていました。「経営」という部分にさらに関わっていきたいと思い、コンサルティングファームを志望していました。

 

転職エージェントからのコメント

大手総合系コンサルティングファームを中心に応募していきましたが、苦労されたポイントとしては、書類作成でした。
Sさんのこれまでの業務は多岐にわたっている分、ご自身の強みや、これまでの経験がコンサルにおいてどのように活きるのか、という部分でうまくまとめることができず、書類準備には少し時間がかかっていました。


コンサルティングファームにおいて、職務経歴書はこれまでの業務の羅列ではなく、よく整理させ、自身がコンサル適性があると見せる必要があります。人気業界ということもありライバルも多く、優秀な方でもうまく伝えることができなければ書類NGとなってしまいます。
一度整理していきましょう、ということで弊社とともにこれまでのキャリアの棚卸しを、なぜコンサルなのか?現職ではダメなのか、ほかの企業ではないのか、といった部分も論理的に整理していきました。

 

面接においても少し苦労された様子でなかなか選考が通らず、面接で何をアピールするべきか悩みながら活動されていらっしゃいました。

コンサルティングファームでの面接は、候補者の論理的思考能力を徹底的にみられるため、一夜漬けやその場しのぎの回答ではすぐにメッキははがされてしまいます。これまでの経歴からなぜコンサルなのかをご自身でも腹落ちするまで考えてもらうことで、面接でも一つの軸をもって回答することができました。


オファー獲得したファームポジションはIT領域で幅広い業界に携われる部門であり、最先端の技術領域にも触れることができるため、ご本人としても納得の転職意思決定をされました。
これから英語や、課題書籍の読み込み、さらにはコンサルタントとしてのスキルアップのため、多くのインプットが必要になってきますが、Sさん自身、まさかコンサルタントになれるとは、と当初思っていた部分も多く、非常にやる気に満ち溢れています。ぜひ今後はコンサルティングファームでキャリアアップしていっていただきたいです。

無料相談を申し込む

担当コンサルタント:白石 巴実

白石 巴実

2008年株式会社リクルートキャリア(現リクルート)に入社。
キャリアアドバイザー、マーケティング企画・DX推進マネジャー、HR領域のSaaS新規事業開発・サービス企画部長を歴任。
2021年にsincereedを創業。

お問い合わせ

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
年齢必須
最終学歴必須
直近の職歴必須
直近の経験職種必須
現在のご状況必須
個人情報保護について
に同意します。

関連記事

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。