掲載日 ・ 2024/04/08

PwC Japan合同会社

PwC Japan:Webディレクター

600~1250万円
東京都
           

会社名

PwC Japan合同会社
           

会社概要

PwCは、「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことを自らのPurpose(存在意義)として定めています。これは、世界情勢やビジネス環境が大きく変化し続ける中、複雑な課題に対してPwCが重要な決定を下すにあたってよりどころとしているものであり、また世界各国のPwCと連携をするうえでも重要な役割を果たしています。
PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。 PwC Japanグループに含まれる主な法人についてご紹介します。
PwCあらた有限責任監査法人/PwC京都監査法人/PwCコンサルティング合同会社/PwCアドバイザリー合同会社/PwC税理士法人/PwC弁護士法人/PwC総合研究所合同会社/PwCサステナビリティ合同会社/PwCビジネスアシュアランス合同会社/PwCビジネスソリューション合同会社/PwC Japan合同会社
           

ポジション

■Web Director【Markets】

仕事内容

・PwC Japanグループのウェブマーケティングおよびウェブブランディング。

 

【具体的には】
■ウェブサイトの品質管理
・外部制作ベンダーを活用しながら品質の高いウェブページ制作をディレクションするとともに、全体最適の観点およびユーザー目線でコンテンツをレビュー・編集し、首尾一貫したブランディングに貢献する。
・コンテンツをフレッシュに保つため、サイト内を常にパトロールし、コンテンツに係る不備や問題点の発見に努めるとともに、コンテンツオーナーに対して改善提案、修正・更新手配を行う。

 

■新規コンテンツ開発の推進
・各グループ企業や事業部門のコンテンツオーナーと連携しながら、新規コンテンツ開発を積極的に推進する。
・デジタルマーケティングチームと連携し、デジタルマーケティング戦略の立案・推進に貢献する。

 

■コンテンツオーナーへの改善提案
・マーケティングの観点からサイト分析を行い、各種分析レポートを作成、コンテンツオーナーに定期的に提供するとともに、改善提案を行う。

求める経験・スキル

【求めるスキル・経験】
・ブランディング、マーケティングを目的としたB to Bサイトの企画・構築・運営経験
・ステークホルダー間のコンフリクトをマネジメントし、全体最適に則ったサイト企画・運営を行うための高いプロジェクトマネジメント能力、コミュニケーション力およびプレゼンテーション力
・HTML/CSS/JavaScriptなどのフロント技術に関する知見や業務経験
・CMSや利用ツールの仕様に対する理解
・ビジネス一般に対する強い関心
・英文読解力

【歓迎するスキル・経験】
・グローバル主導によるウェブサイトリニューアルプロジェクトや業務連携の経験

【求めるマインドセット・人物像】
・ウェブサイトやデジタルコンテンツに対する強いオーナーシップ
・既存の仕事の進め方や慣習にとらわれず、課題発見と改善に熱心であること
・スピードの速い業務環境やプレッシャーを成長機会と捉え、新たなチャレンジを楽しめること
・プロフェッショナルサービスファームのサービスオファリングや組織体制、業界知識について積極的に学ぶ姿勢を持ち、理解を深めること
           

労働条件

雇用形態

正社員

年収

600~1250万円

勤務地

東京

 

求人問い合わせ・転職相談

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
生年月日必須
年  月 
最終学歴必須
直近の職歴必須
直近の経験職種必須
現在のご状況必須
個人情報保護について
に同意します。

PICK UP

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。