バンダイナムコの中途採用・転職難易度、採用倍率は?トップエージェントが明かす対策方法
2024/06/17

バンダイナムコの中途採用・転職難易度、採用倍率は?トップエージェントが明かす対策方法

バンダイナムコは、エンターテイメント業界のリーダーとして、ゲーム開発、アニメ制作、テーマパーク運営など幅広い事業を展開しています。クリエイティブな職場環境と充実した福利厚生から、多くの求職者にとって魅力的な転職先となっています。

特にエンタメ業界内ではトップクラスの人気を誇り、参考としてですが就職倍率は100倍を超す超人気企業となっています。これは中途採用においても変わらずその知名度から倍率も高くなっている一方、求められる経験やスキルも専門性を求められるため、転職何度は高いと言っていいでしょう。

ここでは、弊社sincereedの転職ノウハウの一部から、求める人材像や、各選考のポイント、さらにはこれまでご支援させて頂いた転職事例をもとにバンダイナムコへの転職成功ポイント」をご紹介していきます。

 

バンダイナムコへのご転職をお考えの方へ

sincereedの転職支援サービス

大手企業の転職支援に完全特化

専門のコンサルタントが両面型で厚く寄り添うサポート

企業との深いコネクションにより質の高い非公開情報を提供

キャリア相談会

無料転職登録

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

そもそもなぜバンダイナムコの中途採用倍率はなぜ高いのか?

倍率が高い理由としては、

(1) 応募数が多い

(2) 高い「専門性」が求められる

(3) 面接の通過率が低い

の3点が挙げられます。

(1) 応募数が多い

バンダイナムコは、長い歴史と確固たるブランド力を持つ企業です。安定した経営基盤と高い信頼性が、多くの求職者を引きつける要因となっています。応募数が多くなる大きな背景ですが、さらにゲーム、アニメ、玩具、テーマパークなど、多岐にわたるエンターテイメント事業から様々な分野の方にとって魅力的な企業という側面もあります。応募ポジションが多いとはいえ、こうした人気を背景にライバルも多くなっています。

(2) 高い「専門性」が求められる

特にゲーム開発やアニメ制作などの分野では、最新の技術を駆使したクリエイティブな作業が求められます。例えば、ゲームプログラマーにはプログラミング言語やゲームエンジンの深い理解が、アニメーターにはアニメーションソフトウェアの高度なスキルが求められます。

またエンタメン業界には、業界特有の知識や経験が必要です。バンダイナムコでは、業界のトレンドや消費者の嗜好に対する理解が重要となります。例えば、マーケティング担当者には、エンターテイメント商品の市場動向を的確に把握し、効果的なプロモーション戦略を立案する能力が求められます。そのため同業界経験者が優先的に求められますが、さらに近しい業界や、再現性のある成果や実績を出してきた方を採用するケースが多いため、この専門性を応募書類や面接でどうアピールしていくかがカギとなってきます。

(3) 面接の通過率が低い

上記2点の通り、人気企業であり、採用ポジションでの求めるスキルから、おのずと面接通過率も低くなっています。バンダイナムコで実現したいことはもちろん、自ら考え行動できる自主性のある人、良いサービスを創り出すための「こだわり」と「柔軟性」を兼ね備えた人材を求めているため、面接でのこれらのアピールはもちろん論理的思考能力やコミュニケーション能力もポイントとなってきます。

面接でこれらをアピールする必要があるでしょう。さらになぜバンダイナムコなのか、ポジションによっては他業界の可能性もあるため、なぜバンダイナムコでなければいけないのかを論理的に述べることがポイントとなっており、その通過率は低くなっています。

 

どのような対策が必要か?

バンダイナムコへの転職では面接対策が重要なポイントとなります。書類においても実際に不採用になっているケースもあるため、ここでは書類、面接と合わせて、どのような対策が必要なのかご紹介していきます。

書類対策

一般的な書き方で問題ありませんが、応募ポジションと親和性のある経験、スキルをアピールしましょう。専門職であればどんな業務内容を経験してきたのか、企画系であれば実績を記載するようにしましょう。転職エージェントに相談し、客観的な意見も交えてブラッシュアップしながら進めると良いかと思います。 応募書類の重要なポイントは人事担当者に「会ってみたい」を思ってもらうことです。どんなに人物面がよくてもこの書類選考で落ちてしまっては面接で何も伝えられません。

例えば、担当したプロジェクトの内容、役割、達成した成果、「売上を20%増加させた」「プロジェクトで○○のコスト削減を実現」など、数値を用いて具体的な実績を示すほか、日立製作所が求めるスキルや知識(例:AI、IoT、プロジェクトマネジメントなど)を強調するようにしましょう。

面接対策

バンダイナムコでは一般的な、自己紹介から始まり、なぜバンダイナムコなのか、志望動機や転職理由から、これまでの経験で苦労したこと、それをどのように乗り越えてきたのか、などが聞かれます。なぜバンダイナムコを選んだのか、その理由を具体的かつ簡潔に述べられるよう準備しましょう。過去の経験やスキル、自身の強みがどのようにバンダイナムコのどの事業やプロジェクトで活かせるか、どのような貢献ができるかを明確にすることが重要です。

面接対策では徹底的に自己分析、そして企業分析を行いう必要があります。日立製作所の事業内容、企業理念、最新のプロジェクトやニュースなどを詳しく見て把握しましょう。

さらに、面接の最後に必ず「何か質問がありますか?」と聞かれることが多いので、企業のビジョンや具体的なプロジェクトに関する質問をいくつか準備しておきましょう。これにより、企業に対する関心と理解度をアピールできます。

面接では自信をもって話せなくてはいけないため、例えば想定質問に対しての問答など模擬面接で練習を重ねたり、自分自身の回答がロジカルになっているのか、録音しながら振り返って確かめながら進めていくのもいいでしょう。

さらにエンタメ業界ということもありカジュアルな服装で面接に臨む方も中にはいらっしゃいますが、これはNGです。もちろん髪型も同様です。第一印象として「だらしない」「本気で受かろうとしているのか」など姿勢においてマイナスになってしまう可能性もあります。ポジションによっては他企業との折衝もあるため、例えば提携先にこの人を出していいのか、などといった判断をさせることもあるため、しっかりとビジネスの服装で面接には臨むようにしましょう。

転職エージェントに相談する

バンダイナムコがどのような人材を求めているのか」を的確に把握することが転職成功のカギとなります。 sincereedではバンダイナムコへの転職支援数も多く、「どんな人材を求めているのか」このポイントを熟知しており、選考ノウハウはもちろん、入社事例やWebサイトには掲載されていないエクスクルーシブな情報も提供させていただきます。まずは一度ご相談頂ければ幸いです。

求める人材像

バンダイナムコは、専門的な知識とスキルを持つ即戦力を求めています。特に、これまでの経験を活かし、具体的な業務で成果を上げることができる人材が重視されます。

自主性と行動力

自ら考え行動できる自主性のある人材が求められます。業務フローやプロジェクトの目的に対して疑問を持ち、それを解決するために積極的に行動する姿勢が重要です。

クリエイティビティと柔軟性

バンダイナムコは、良いサービスを創り出すための「こだわり」と「柔軟性」を兼ね備えた人材を求めています。クリエイティブな発想とともに、変化に対応できる柔軟な思考が求められます。

チームワークとコミュニケーション能力

コミュニケーションを大切にし、チームで協力して仕事を進めることができる人材が重視されます。エンターテインメント業界では、異なる専門分野のメンバーと協働する機会が多いため、円滑なコミュニケーションが成功の鍵となります。

エンターテインメントへの情熱

バンダイナムコは、エンターテインメント業界に対する強い情熱を持った人材を求めています。自社のキャラクターやゲームを愛し、その魅力をさらに引き出す意欲が重要です。

バンダイナムコの選考フローは?

バンダイナムコの選考フローは以下のようになっています。ポジションに応じて面接回数や、オンライン・対面など異なってきます。応募から内定までは、大体1カ月~2カ月程度となっています。

書類選考

書類選考と適性検査の結果を基に、書類選考が行われます。ここで、求めるスキルセットや経験があるかどうかが確認されます。

1次~2次面接

書類選考を通過した後、一次面接がオンラインで実施されます。この面接では、応募者の業務経験やスキルに加え、バンダイナムコで働く意欲や企業文化への適応性が評価されます。

一次面接を通過すると、二次面接が対面で行われます。ここでは、より詳細な技術的な質問や、チームでの働き方に関する質問が行われることが一般的です。

最終面接

二次面接を通過した後、最終面接が行われます。この段階では、経営層や部門の責任者との面接が行われ、最終的な適性や意欲が評価されます。

バンダイナムコ 中途採用情報

バンダイナムコの中途採用の募集要件を見ていきましょう。

 

「バンダイナムコID」の開発・運営、IP軸戦略推進

職種ポジション 「バンダイナムコID」の開発・運営、IP軸戦略推進
仕事内容 モバイルコンテンツ、家庭用ゲーム、ライフエンターテインメントなど幅広いお客様向けの多様な商品・サービスをワールドワイドで提供している当社で、自社会員基盤「バンダイナムコID」の開発・運営のプロダクトマネジメントを担当いただくとともに、バンダイナムコグループ全社のIP軸戦略最大化のための取り組みにも関わっていただきます。

●「バンダイナムコID」の開発・運営に関するプロダクトマネジメント
外部の開発会社とともに、以下行っていただきます。
・エンドユーザー向けの機能やログイン画面・会員サイトの要件定義/UI・UXデザイン策定
・管理者向けツールの要件定義/UI・UXデザイン策定
・バンダイナムコグループ会社を含む各サービスへの「バンダイナムコID」導入支援 ほか

●バンダイナムコグループのIP軸戦略最大化の取り組み
・複数のサービスをシステム面・データ面で連携するためのシステムやデータ基盤の開発
・ユーザーデータを活用した新しい体験・コンテンツの企画・開発
・IPメタバースなどの次世代コンテンツの開発支援 ほか

求める経験・スキル 【必須条件】●以下の経験を有している方
・会員基盤そのもの、および会員基盤を用いたウェブサービス・アプリのプロダクト開発の経験(3年以上)
※ご応募の際に、上記における経験職種、役割(どのような形でプロダクト開発に携わったのか)をご記載願います。【歓迎要件】●望ましい経験や能力、知見
◯ビジネス面
・IT投資評価
・チェンジマネジメント
・ビジネスプロセスマネジメント
・UXデザイン/サービスデザイン
・マーケティング/デジタルマーケティング

◯テクノロジー面
・ハイレベルアーキテクチャ設計
・データマネジメント
・データ基盤開発
・アプリケーション開発
・ベンダー評価/パートナーリレーションシップ

◯リスクマネジメント面
・セキュリティ
・データプライバシー

給与 前職のご経験、年収を考慮して決定いたします

 

ゲームプロデュース/グローバル市場向け家庭用ハイエンドゲームの企画・制作管理

職種ポジション ゲームプロデュース/グローバル市場向け家庭用ハイエンドゲームの企画・制作管理
仕事内容 家庭用のハイエンドゲームコンテンツ「鉄拳」、「エースコンバット」シリーズや「新規タイトル」のプロデュースを行っていただきます。
※候補者のご経験・強みに応じ、特にプロデュース寄りの業務(世界市場に向けた企画・ビジネスプラン・マーケティングの策定と実行)、プロジェクトマネジメント寄りの業務(世界市場で通用するクオリティの実現、開発会社の制作進行管理)をお任せする予定です。・ゲームの企画・開発・運営の全体進行管理
・グループ内のゲーム開発会社協働したハイエンドなコンテンツ創出
・グループ外のゲーム開発会社との開発ラインの構築と協働
・IP戦略の策定と実行
・市場、競合、顧客の調査分析
・IPの多面的な事業展開の実施(グッズや映像作品の企画ほか)
・esportsのプロデュース(企画・運営・プロモーション)
求める経験・スキル 【必須条件】以下のいずれかの経験を有している方
・家庭用ゲームもしくはスマートフォン向けゲームの企画/制作および運営業務の経験 (3年以上)
・家庭用ゲームのプロデュース経験(2タイトル以上)【歓迎要件】望ましい経験や能力、知見
・開発チームのディレクタークラスの経験
・運営系タイトルのマネタイズ設計の経験
・マーケティングやアナライズ業務のリーダークラスの経験

求める人物像
・国内市場にとらわれず世界市場のハイエンドゲームコンテンツに興味がある方
・ゲームコンテンツが好きで、直近10年以内のヒットコンテンツに関して知識がある方
・粘り強く、根気強い、最後まで諦めない心をお持ちの方

給与 前職のご経験、年収を考慮して決定いたします

 

マーケティング・プロモーション(スマホ向けゲームアプリ)

職種ポジション マーケティング・プロモーション(スマホ向けゲームアプリ)
仕事内容 豊富なIPおよび多彩な事業を展開するバンダイナムコグループのデジタル事業を主幹する当社で、ゲームプロデューサーやデータマーケティングチームなど社内外関係者と協働しながら、市場トレンドおよび顧客ニーズ分析に基づきIP価値最大化のための最適なマーケティング戦略策定をリード。主に以下の業務を行っていただきます。

・スマートフォン向けゲームアプリを中心としたプロモーションプランの立案、推進統括
・国内外(主に日本を含むアジア地域・欧米地域)のIPファンに向けたコミュニケーションプランの立案、推進統括
・プロモーション施策およびコミュニケーション施策の実行

求める経験・スキル 【必須条件】以下の経験を有している方
・toC向けのマーケティング・プロモーション戦略立案から施策のプランニング・実行までを経験 3年以上▼以下経験をお持ちの方については海外マーケター候補としても検討させていただきます
・英語を使ったビジネス経験(打ち合わせにて英語でファシリテーションが行えるレベル)
・海外留学、駐在経験

【歓迎要件】望ましい経験や能力、知見
・toC向けの商材を扱う会社にて複数商品・サービスのマーケティングプラン策定および実行経験
・マーケティング分野における市場分析経験
・幅広いプロモーション手法の知識(TVCM等のマス向けプロモーション、獲得型のオンラインプロモーション、YouTube等の生配信、SNS運用、WEBページ作成等)
・ゲーム、エンターテインメント業界でのマーケティング・プロモーション経験

給与 前職のご経験、年収を考慮して決定いたします

 

エンジニアリング経験を用いたテックリード

職種ポジション エンジニアリング経験を用いたテックリード
仕事内容 モバイルコンテンツ、家庭用ゲーム、ライフエンターテインメントなど幅広いお客様向けの多様な商品・サービスをワールドワイドで提供している当社で、ゲームコンテンツのオンライン開発情報通信技術に関するシステム・エンジニアリング領域のプロフェッショナルとして以下業務を行っていただきます。

・商品・サービスのオンライン仕様に関わる技術的な課題を設計時点で解決するためのシステムコンサルティング
・商品・サービス立案時から仕組みで解決するための設計、開発ディレクション
・社内横断的に利用されるプロダクトの運営、横断範囲の拡大計画立案
・プロジェクトの進行管理、マネジメント業務 ほか

求める経験・スキル 【必須条件】●以下のいずれかの経験を有している方
・AWSもしくはGCPを用いたサーバ開発経験
・ゲームをリリースまで開発実装した経験(エンジニアリング領域)
・ゲーム開発のパートリード経験【歓迎要件】●望ましい経験や能力、知見
・C/C++のクライアントゲームプログラム開発経験
・ゲーム運営経験
・3DCGの知識
・オンラインゲーム、サーバ構築の知識
・Webサービスの開発及び運用経験
・ITプロダクトにおけるセキュリティ知識
・ビジネスレベルでの英語能力(特にテクニカルイングリッシュ)
・プロジェクトマネジメント経験
給与 前職のご経験、年収を考慮して決定いたします

 

バンダイナムコ 会社概要

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
本社所在地 東京都港区芝5-37-8 バンダイナムコ未来研究所
代表者 代表取締役社長 川口 勝
設立 2005年9月29日
資本金 100億円
売上高 1兆1,000億円(グループ連結売上)
社員数 11,159名(連結従業員数)

バンダイナムコの企業理念

バンダイナムコの企業理念は、「夢・遊び・感動」をキーワードに、エンターテインメントを通じて人々に豊かな心を提供し、世界中の人々とつながりを築くことを目指しています。この理念のもと、バンダイナムコは以下のような価値観を掲げています。

 

夢・遊び・感動:

もっと広く、もっと深く、「夢・遊び・感動」を提供すること。

人々にうれしさ、楽しさ、涙や勇気をもたらし、誰かに伝えたくなる、誰かに会いたくなるような体験を提供すること。

 

心の豊かさ:

エンターテインメントが生み出す心の豊かさで、人と人、人と社会、人と世界がつながる未来を創ること。

 

グローバルなビジョン

世界中のすべての人とともに、笑顔と幸せにあふれる未来を創ること。

これらの理念は、バンダイナムコグループ全体としての方向性を示しており、エンターテインメントの力でより良い社会を実現するという強い意志が込められています。

 

日立製作所への転職理由は?

転職成功者の転職理由を見ていきましょう。

 

エンターテインメントの幅広い事業

バンダイナムコは、ゲーム、アニメ、テーマパークなど多岐にわたるエンターテインメント事業を展開しており、これが多くの転職希望者にとって魅力的です。特に「ライブイベントやアミューズメント施設なども含めた様々な事業にチャレンジできる」ことが挙げられます。

 

実力主義とキャリア成長の機会

バンダイナムコでは実力主義が採用されており、若手でも結果を出せば高く評価される風土があります。社員は「年功序列ではなく、実力で評価される」ことを魅力的に感じています。

 

クリエイティブな環境

クリエイティブな職場環境と、ファンが喜ぶ作品を作り上げる喜びが大きな動機となっています。特に「ファンの反応や喜びを直接感じられる瞬間が報われる」といったコメントがあり、クリエイティブな仕事に対する情熱が支えとなっています。

 

給与と福利厚生の充実

平均年収や福利厚生が充実している点も転職の理由として挙げられます。例えば、正社員の平均年収が630万円と業界内でも高水準であり、働く環境も整っています。

 

社内の雰囲気とチームワーク

社内の風通しが良く、同僚との関係が良好であることも大きな魅力です。ハラスメントに対しての対応が改善の余地があるとされながらも、基本的には「仲が良い」との声があります。

バンダイナムコの事業内容

バンダイナムコの事業内容は以下の主要領域に分かれています。

1. 家庭用ゲーム

バンダイナムコは、様々な家庭用ゲーム機向けに多彩なタイトルを展開しています。代表的なシリーズには、「機動戦士ガンダム」、「テイルズ オブ」、「ELDEN RING」、「鉄拳」、そして「太鼓の達人」などがあります。これらのゲームは、独自のIP(知的財産)を活かし、世界中のファンから高い評価を受けています。

2. ネットワークコンテンツ

ネットワークコンテンツ事業では、「ドラゴンボール」や「アイドルマスター」などの人気IPを活用したモバイルやPC向けのゲームを提供しています。これには、スマートフォン向けゲームアプリ「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「ONE PIECE バウンティラッシュ」などが含まれ、世界中で多くのファンに楽しまれています。

3. アソビエンターテインメント

この分野では、従来のゲームにとらわれない新しいエンターテインメント体験を提供しています。具体的には、ライブイベントやその配信プラットフォーム「ASOBISTAGE」、エンタメコマースサイト「アソビストア」、そしてxR技術を用いた「MIRAIKEN studio」の運営などがあります。これにより、デジタルとフィジカルの両面から多様なエンターテインメントを創出しています。

4. 映像・音楽コンテンツ

バンダイナムコフィルムワークスは、映像と音楽のプロデュースを行い、アニメーション制作や映像配信サービス「バンダイチャンネル」などを運営しています。代表的なアニメーションスタジオには、サンライズが含まれ、クオリティの高いアニメ制作を行っています。

5. アミューズメント

アミューズメント事業では、ゲームセンターやテーマパークの運営、アミューズメント機器の製造・販売を行っています。これには、各種アミューズメント施設の企画・運営や関連商品販売も含まれます。

 

バンダイナムコの育成制度

バンダイナムコ研究所の取り組み

バンダイナムコ研究所は、エンターテインメント制作過程で培った知見やノウハウを基盤に、AI、xR(拡張現実、仮想現実、複合現実)、IoTなどの最先端技術を掛け合わせることで新しい価値を創出しています。社員はこれらの最先端技術の研究開発に携わり、技術革新とエンターテインメントの未来を担うスキルを磨くことができます。

研修プログラム

バンダイナムコグループでは、社員が継続的に成長できるように様々な研修プログラムを提供しています。これには、新入社員研修、技術研修、マネジメント研修、リーダーシップ研修などが含まれます。特に、技術研修では最新の技術トレンドに対応できるスキルを習得する機会が提供されます。

キャリアパスのサポート

バンダイナムコは社員のキャリアパスを支援するための制度も整えています。例えば、キャリア相談やメンター制度を通じて、社員が自身のキャリアビジョンを明確にし、それに向けた具体的なステップを踏むためのサポートを行っています。

自己啓発支援

社員の自己啓発を奨励するために、資格取得支援や外部セミナーの参加費用補助などの制度も設けられています。これにより、社員は自分の興味や関心に基づいて学び続けることができ、専門性を高めることができます。

国際的な経験

バンダイナムコはグローバルに事業を展開しているため、社員には国際的なプロジェクトに参加する機会も多くあります。これにより、異文化理解や国際的な視野を広げることができ、グローバルな舞台での活躍が期待されます。

 

バンダイナムコの福利厚生

バンダイナムコの主要な福利厚生をご紹介します。

有給休暇取得推奨日

年間カレンダーに有給休暇取得推奨日が設定されており、社員が休暇を取得しやすい環境が整えられています。

 

ライフサポート休暇

特定の目的に限り、1年に30日無給休暇を取得できる制度があり、体調や家庭の事情に対応できます。

 

財形貯蓄制度

社員の資産形成を支援するために、財形貯蓄制度が導入されており、加入者に対して奨励金が支給されます。

 

持株会制度

社員が自社株を購入するための持株会制度があり、投資金額に対して奨励金が付与されます。

 

退職金制度

確定給付企業年金(DB年金)と確定拠出年金(DC年金)の二本立てで、社員の老後資金をサポートします。

 

出産子育て支援金

第1子・第2子の誕生には20万円、第3子以降には300万円の支援金が支給されます。

 

在宅勤務支援金

在宅勤務環境を整えるために、一時金として5万円、月額で8,000円までの在宅勤務手当が支給されます。

 

フレキシブルな勤務体系

不妊治療や子どもの不登校、身内の介護など、家庭事情に対応するための時間短縮勤務やフレックス勤務が可能です。

 

社員食堂

低価格で朝食や昼食を提供する社員食堂があり、社員の健康と利便性をサポートします。

 

ファミリーイベント

社員の家族が参加できるヒーローショーや最新のおもちゃで遊べるイベントが開催され、家族との絆を深める機会が提供されます。

 

バンダイナムコへのご転職をお考えの方へ

バンダイナムコへの転職は難易度は非常に高く、十分な面接対策なしでは内定獲得は難しいと言えます。

弊社sincereedだからこそわかる選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

バンダイナムコへの転職にご興味のある方は、まずは一度ご相談いただければ幸いです。

 

バンダイナムコへのご転職をお考えの方へ

sincereedの転職支援サービス

大手企業の転職支援に完全特化

専門のコンサルタントが両面型で厚く寄り添うサポート

企業との深いコネクションにより質の高い非公開情報を提供

キャリア相談会

無料転職登録

無料相談を申し込む

関連記事

随時開催 まずはキャリア相談会から 簡単1分 無料転職相談を申し込む

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。