三井不動産が求める人材像とは
2024/01/21

三井不動産が求める人材像とは

日本を代表する総合不動産デベロッパーの三井不動産。東京ミッドタウン、日比谷ミッドタウン、八重洲ミッドタウンをはじめとする商業施設、オフィスビル、ホテルなど様々なまちづくりを展開しており、その事業規模や知名度の大きさから非常に人気の企業となっております。また国内だけでなく欧米、アジアへと事業展開すると共に、DX推進についても部門を立ち上げ、事業変革、社内推進基盤、従業員の働き方改革など全方位的にデジタルトランスフォーメーションにおける新しい価値を提供し続けています。

三井不動産へはどのような人材を求めているのか?また、どのような人材が活躍しているのか?具体的にご紹介していきます。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

三井不動産が求める人物像

採用面接では、企業がどのような人材を求めているのかを理解し、それを自分の過去の経験や行動に照らし合わせてアピールしていくことがとても重要になってきます。三井不動産はどんな人材を求めているのか、三井不動産が発信している「わたしたちが大切にする心」や、三井不動産の人材への考え方をご紹介いたします。

 

「わたしたちが大切にする心」

・きれいごとに、誰よりも本気な心。
・常に謙虚に、すべての環境から学ぶ心。
・新しい価値の創造に挑み続ける心。
・ともに助け合い、喜びを分かち合う心。

 

人材への考え方

三井不動産は不動産デベロッパーとして新しい価値創造をしていくうえで最も重要な原動力は、人材という資産であると考えています。個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、付加価値創造力を高め、それを多様な価値観・能力が融合し、チームとしての実行力に換えていく。これが三井不動産における人材マネジメントの考え方です。



三井不動産が求める人物像

以上の内容から、三井不動産が求める人物像は
・誠実に業務に向き合い、あらゆる仕事・人・環境から学べる方
・0から1を生み出すことを楽しみ、挑戦し続けられる方
・チームで1つの目標に向かえる方
であると考えられます。

 

三井不動産が求める人物像、具体的には?

上記の求める人物像について、具体的にご紹介しています。

誠実に業務に向き合い、あらゆる仕事・人・環境から学べる方

三井不動産は、すべての人を幸せにする究極の街づくりに挑むことをミッションとしています。自社HPでも「立場や価値観も違うあらゆる関係者と対話し、納得解をつくっていく」「人を動かすのは、人の想い」「三井不動産は“きれいごと”に誰よりも本気で挑む」と言及していることから、人・業務に対して誠実であることを大切にしてると言えます。また、街づくりには正解がないことから、すべての経験が大切になります。そのためあらゆる仕事・人・環境から学び、吸収し続ける謙虚さ、姿勢がある方を求めていると言えます。

 

0から1を生み出すことを楽しみ、挑戦し続けられる方

新たな街を生み出したり新たな価値を創造する三井不動産では、過去や決められたやり方に縛られない自由な発想が重要視されます。0から1を生み出すことは簡単なことではありませんが、それを楽しみ、自らリードする意志がある方を求めていると言えます。

 

チームで1つの目標に向かえる方

三井不動産の街づくりは一人で成し遂げられるものではありません。三井不動産の人材マネジメントの考え方でも、「個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、付加価値創造力を高め、それを多様な価値観・能力が融合し、チームとしての実行力に換えていく」と言及していることからも、助け合いながら成長し、大きな目標に向かえる方を求めていると言えます。

 

書類選考と面接対策

求める人物像に沿った面接対策は上記の通りですが、ここでは書類選考と面接で聞かれる内容について、どのような対策が必要なのかご紹介していきます。

 

三井不動産の選考フロー

まず三井不動産の選考フローについてご紹介します。

 

STEP1 応募
三井不動産の公式HPや、各種転職エージェント経由で応募することができます。総合職採用のほか、DX推進エンジニアなどポジションごとの採用があります。

 

STEP2 書類選考
履歴書・職務経歴書を提出します。過去の職歴や自己PRを基に、三井不動産が書類選考をします。



STEP3 適正検査
能力開発のベースとなる「基礎的能力・業務への適性」を確認します。ただし、それだけをもって判断することはなく、不動産の専門知識に関する出題はありません。



STEP4 面接(2〜3回)
書類選考を通過したら、面接となります。面接は2〜3回程度となっています。

 

STEP5 内定・採用条件提示
面接を通過した場合、採用条件(業務内容・待遇)が提示されます。

 

書類選考

応募ポジションと親和性のある経験、スキルをアピールしましょう。自身の経験スキルが三井不動産において活きること、活躍できる人材だと、まずは相手人事に思ってもらわなければいけないため、結論ファーストを心がけて記載していきましょう。

自身のこれまでの経験を端的に説明した文章から始まり、活かせるスキルや知識・経験についての紹介。さらにそこから時系列でどんな業務を経験してきたのかを書いていきます。 応募書類の重要なポイントは人事担当者に「会ってみたい」と思ってもらうことです。どんなに人物面がよくてもこの書類選考で落ちてしまっては面接で何も伝えられません。

 

面接対策

三井不動産の面接はポジションや求職者に応じて面接回数は変わってきますが、概ね2~3回となっています。面接では論理的思考能力やコミュニケーション能力など、基本的なスキルのほか、下記ポイントを聞かれることが多いです。
・なぜ三井不動産なのか
・なぜ転職なのか
・これまでの仕事で印象に残っていることは
・自身のこれまでの経験が三井不動産でどう活きるのか
・これまで仕事で壁にぶつかったときどう乗り越えたか
・他デベロッパーの中でなぜ三井不動産なのか

そして、論理的に回答することはもちろんですが、三井不動産の企業風土や事業内容、特徴などは事前にインプットし、業界未経験・経験者に関わらず「なぜ不動産業界なのか」などの質問を汎用的な内容にならないようにすることがポイントでしょう。自身の想いや、三井不動産で何を成し遂げたいのかを、想定質問から模擬面接を行い、例えば声に出して録音しながらフィードバックしていくなどアウトプットをしっかりと見ながら対策・準備していきましょう。

 

転職エージェントに相談する

「三井不動産がどのような人材を求めているのか」を的確に把握することが、転職成功のカギとなります。 sincereedでは三井不動産への転職支援数も多く、「どんな人材を求めているのか」このポイントを熟知しており、選考ノウハウはもちろん、入社事例やWebサイトには掲載されていないエクスクルーシブな情報も提供させていただきます。まずは一度ご相談いただければ幸いです。

 

三井不動産のステートメント・ビジョン・ミッション

三井不動産のステートメント・ビジョン・ミッションをご紹介していきます。ぜひ面接対策の企業研究として参照ください。


GROUP STATEMENT
都市に豊かさと潤いを

 

GROUP VISION~私たちはどうありたいか~
1.「&EARTH」マークの理念
私たちは、「&EARTH」マークに象徴される「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献します。
〜「&EARTH」を掲げて、人と地球がともに豊かになる社会をめざします。

2.進化と価値創造
私たちは、不動産ビジネスを進化させることにより、人々に「新しい時代の夢と感動」をもたらします。
~多様な「知」をとりいれ融合させることにより、国内外で新たな価値を創造します。
~社会環境・市場構造などの変化と、そのグローバルな潮流を積極的にとらえます。

3.成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ
私たちは、グループ総体の力を公正にいかんなく発揮することによって、「成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ」を実現します。

 

GROUP MISSION~私たちに今求められていること~
1.ビジネスとくらしに関するソリューションとサービスの提供
豊かさと潤いをもたらし、安全・安心で魅力にあふれる空間とソフト、サービスを提供して、街の価値を最大化する。
多彩で革新的なソリューションを提供して、不動産投資市場の成長に貢献する。

2.グローバルな視野で顧客のパートナーへ
顧客をビジネスの創造ならびに進化・発展の基盤と考える。
顧客が真に求めているものを多面的に把握し、グループの総力で提案・実現する。
顧客のパートナーとして、高い評価を獲得し続け、ブランド価値を高める。

3.企業価値の向上
持続的な利益成長を図るとともに、不断のイノベーションを行うことにより企業価値を向上させる。
経営資源の最適活用ならびに効率経営を追求する。
常にリスクに対して適正なマネジメントを行う。

4.個の力を高め結集してグループの力へ
多彩な人材、多様な価値観を融合し、パイオニア精神に満ちた独創性を育む。
個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、互いに共有して、付加価値創造力を高める。
企業倫理と規律、コンプライアンスについて、常に高い意識を持って行動する。

 

三井不動産の人材育成について

ここでは三井不動産の人材育成方針や研修プログラムについてご紹介していきます。

 

人材育成方針

三井不動産が目指す、「ビジネスと暮らしのソリューション・パートナー」の実現のため、高度な専門性と幅広い視野を持つ社員がそれぞれ個性を発揮する多様な人材の集合体となることを、人材育成の目標にしています。「4つの人材育成の機会」の組合せにより能力伸長をはかることを基本方針としています。
・OJT
・ジョブローテーション
・本人との面談
・研修プログラム


研修プログラム

新入社員からマネジメント層まで各階層別で求められる知識やスキルを習得できる必修型の研修プログラムや、自律的に社員一人ひとりの学びを促進させる体系的かつ多様な選択型研修プログラム、越境学習やグローバル研修など社員の多様な能力を更に向上させるための指名型研修プログラムがあります。



D&I施策

全社のD&I推進のため、性別・年代・職掌・雇用形態などの垣根を越えて、多くの従業者が参加できる研修です。


DX推進

VISION2025に掲げる「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」を実現すべく、全社員を対象にしたDX研修「DxU(ディー・バイ・ユー)」です。


グローバル人材の育成

今後さらなる海外事業の飛躍的な成長を実現させるべく、様々なグローバル人材育成のための研修プログラムがあります。(若手グローバル研修、中堅グローバル研修、海外トレーニー制度、海外MBA制度)

三井不動産へのご転職をお考えの方へ

三井不動産への転職は難易度は非常に高く、十分な面接対策なしでは内定獲得は難しいと言えます。sincereedだからこそわかる選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。三井不動産への転職にご興味のある方は、まずは一度ご相談いただければ幸いです。

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。