リクルートへの転職、気になる評判・口コミは?
2023/06/07

リクルートへの転職、気になる評判・口コミは?

監修者

sincereed株式会社南雲 亮

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてキャリアアドバイザー、マーケティング企画、事業企画/プロダクト/DX推進マネジャーを経験。
その後、新規事業開発に携わり、HRテクノロジーSaaS「リクナビHRTech」の新規事業開発/エージェントサービス企画部長を歴任。
中途採用の最終面接官としても数百名の候補者とも面接した経験を持つ。

リクルートへの転職をお考えの方にとって、評判や口コミを参考にされる方も多いと思います。情報が多すぎてどれが本当なのか、自分がイメージする仕事は出来るのか、そもそも転職すべきなのか、など気になる点が様々あるのではないでしょうか。

 

そこで、リクルート出身の転職エージェントでもある弊社sincereed(シンシアード)が、実際に働いているリクルートの従業員や過去在籍者から”リクルートの実態”をご紹介していきます。

またリクルートに強いエージェントとして数多くの支援をしてきた弊社の転職ノウハウや、リクルートへ転職するための重要なポイントも併せてご紹介していきます。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

リクルートの口コミ・評判は?

仕事のやりがい、成長性、社内の雰囲気、福利厚生や社内制度、女性の働き方、などに分けてご紹介していきます。

仕事のやりがい

・業界内での優位性やブランド力があるため顧客の信頼を得やすく、社内リソースも豊富なため同業他社と比べて価値提供しやすい恵まれた環境。

 

・自分で考えて動いていかなくてはいけない場面が多いが、その分やりがいは大きいと感じます。自身のアイデア、やり方を上司は認めてくれるし、相談すればアドバイスをもらえるので仕事が進めやすいと思います。逆に受け身な方にとっては厳しいかもしれません。

 

 

リクルートは誰もが知っている事業を多く展開しているため、国内でも最大規模のサービスに関われます。またそのブランド力や集客力もトップクラスのためダイナミックな事業を自らドライブしていける環境です。その分、大きい責任はありますが仕事のやりがいも大きく、若手であっても重要なポジションを任されるため、20代から大きなサービスグロースに関わることもできます。

 

成長性

 

・上司に何か相談したときは、「自分はどうしたい?」と問われることが多い。そのため、目標達成や課題解決に向けて自分で考えて行動する力が鍛えられる。

 

・Will-Can-Mustシートを使って半期ごとに自分の目標に対する振り返りを行うので、数字面だけでなくプロセス面も含めて自分が成長できた部分と足りていない部分が分かりやすい。

 

・とにかく、成長を後押ししてくれる社風。上司に「グレードを上げたい」と相談したら、グレードを上げるためにどうしたら良いか、自分の課題は何なのかを一緒に考えて真剣に向き合ってくれる。

 

 

リクルートの特徴として、「ボトムアップ型の組織」という点が挙げられます。「自分はどうしたい?」ということを常に問われるので、指示を待つのではなく自分が仕事で何を実現したいのかを考えて行動する必要があります。また個人に対して成長意欲を求めるので、目標は少し高めのラインで設定される傾向にあり、高い目標に対して自分でアクションを考えて行動するため常に成長できる環境です。

 

またリクルートの人事評価制度には、「Will-Can-Mustシート」が用いられています。本人が実現したいこと(Will)、活かしたい強みや克服したい課題(Can)、業務目標や能力開発に繋がるミッション(Must)の項目に基づいて、本人と上司が話し合いながら目標を設定していきます。半年に一度このシートに沿って振り返りを行い、数字面とプロセス面それぞれの達成度合いに応じて査定が決まります。こうした明確で分かりやすい評価制度も、リクルート社員が成長できる要因の一つです。

 

社内の雰囲気

・PCに向かって黙々と仕事するのではなく、社員同士で相談したり雑談したりしながら和気あいあいと仕事をしている。今はリモートワークが主流なので出社人数は減っているが、コロナ前のオフィスは全社員が出社していたこともあって活気が凄かった。

 

・目標達成に向けて切磋琢磨しているので、会議で厳しい指摘を受けることもある。ただ、叱責や頭ごなしに怒られるのではなく筋が通った指摘なので、そのあとギスギスした雰囲気になることもない。

 

・職務が違っても仲が良い社員が多いので、営業社員とアシスタント社員がランチに行ったり、一般社員と部長が飲みに行ったりする光景をよく目にする。

 

 

社内には本当に様々な人がおり、中途入社社員の前職・経験も様々。大手総合商社、公務員、アパレル販売員、など多様なバックグラウンドを持つ社員で、やはり成長意欲や当事者意識、行動力といった素質をもった人の集まりなので、社内は非常に活気があります。実際の業務の中で相談し合うことはもちろん、時には仕事で感じた課題を指摘しあったり、改善点を伝えたりすることもあります。お互いに切磋琢磨し合いながら、オープンな環境で働ける点も魅力です。また社員同士の仲の良さもリクルートの特徴です。同僚だけでなく、管理職や上司といった目上の人であってもあだ名で呼んだり、一緒に飲みに行ったりすることは日常茶飯事です。

 

福利厚生や社内制度

・年間休日が145日に増え、週休約3日になった。休日が増えたので、プライベートも充実させることができている。

 

・年次有給休暇を連続4日以上取れば5万円が支給されるアニバーサリー休暇は毎年1回取れるので、有休消化もでき手当ももらえて一石二鳥。

 

・コロナ禍以降はリモートワークが主流となっていて、現在もリモートメインで働いている。ただ出社することも可能なので、ほぼ毎日出社している社員もいる。自分の生活に合わせて出社かリモートか選択できるので、非常に働きやすい。

 

・手上げ式の部署異動がしやすくなった。以前は個人顧客向けサービスのシフト制の部署だったが、自分のプライベートが変化したため希望を出して土日休みの部署に異動が叶った。ただ、異動を叶えるにはしっかりと実績を出していることが前提になっていると思う。

 

 

リクルートの福利厚生で代表的なのが休暇の多さです。2021年にリクルートが統合されてから「週休約3日」の新たな制度が誕生。1日の所定労働時間が7.5時間から8時間に増える代わりに、暦上の有給休暇とは別に、取得する日を自分で決められる年間休日(フレキシブル休暇)を15日増やし、合計の年間休日が145日になりました。

その他にも長期休暇制度としてSTEP休暇、アニバーサリー手当があります。STEP休暇は在籍3年ごとに1回取得可能で、暦上で14日~28日(休日を含む)の範囲で任意に取得が可能です(連続で取得することが必須)。

アニバーサリー手当は、4月1日時点で在籍1年以上の社員を対象に、年次有給休暇を連続4日以上利用することで5万円が支給される制度で、1年に1回、毎年利用することが可能です。

その他にも、家族のケアの際に利用できるケア休暇、年次有給休暇の未消化分を上限40日積立できるストック休暇もあります。

 

また、現在のリクルートはリモートワークが主流になっています。リクルートでは、育児や介護などプライベート事情を抱える社員を対象にコロナ前からリモートワークを導入していましたが、コロナ禍以降に全社に導入されました。現在も、決算対応や社内IT関連の職種を除き、出社しないことを前提とした働き方となっています。ただ出社が禁止されているわけではないので、中にはほぼ毎日出社している社員もいたり、曜日を合わせて出社し対面で会議をしたりしているグループもあるようです。

 

女性の働き方

・産休や育休を取る社員がかなり多く、取得にあたって後ろめたさは全くない。

 

・自分のチーム内では、時短で働く女性社員がかなり増えたと思う。時短社員が夜に働けない分はチーム全体でフォローする体制ができている。

 

・女性の管理職も多く、中には産休や育休を経てマネージャーとして働いている女性もいる。成果主義なので、実力次第で男女関係なく昇格できる環境。

 

 

リクルート社の女性比率は約50%(2021年4月時点)と、約半数を女性が占めています。リクルートは実力主義の社風なので、実績次第で男女関係なく昇給昇格しやすい環境です。部の成績トップの常連が女性社員という組織も珍しくありません。また出産や育児などのライフイベントに対する支援も増加しており、女性従業員の約3割がワーキングマザーとなっています。

女性の管理職も増加していて、管理職の4人に1人が女性です。2006年と比較すると課長クラスは10%→30%と約20%増加、部長クラスは4%→19%と約15%増加しています。管理職着任後に産休や育休を取得する女性社員も増えており、課長職では2013年度から2021年度にかけて約5倍になりました。事業所内保育園「And’s」も設立され、仕事と育児の両立支援はますます進んでいます。

 

転職前と転職後のギャップ

・成長意欲が求められると認識はしていたが、予想以上に勉強熱心な社員が多い。業務外の研修にも、多くの社員が参加している。

 

・ノルマが厳しいのではないかと思っていたが、ノルマではなく目標という言い方をしていて、目標達成できない時でも厳しい叱責などは無く、上司がどうしたら良いか寄り添って考えてくれた。ただ、最終的にどうすべきか考えるのは自分自身で、そこには主体性が求められていると感じた。

 

・かなり若い管理職が多い。自分は30代前半に中途で入社したのでほぼ同い年の課長層も多く、本当に実力主義の会社なのだと感じた。

 

 

リクルートが掲げるスタンスの1つに「広く・深く学び続ける姿勢」というものがあります。リクルートには勉強熱心な社員が多く、業務に関する知識はもちろん、自分の担当業務に関する分野以外の勉強をしている社員も多くおります。例えば営業社員が業務効率化に繋がるExcelスキルを習得し、そのスキルをもとに部の社員に向けたExcel勉強会を実施するといった事例もありました。こうした業務外の研修や勉強会は定期的に開催されています。

 

このように成長意欲が高いリクルートは数字に対する意識も高く、実力主義の社風です。年齢や在籍年数ではなく、ミッショングレード制という実績・成果による評価制度が導入されています。そのため入社2~3年目でも大きな仕事を任せてもらえたり、20代後半で管理職を任されている社員もいたりします。だからといってノルマがあるわけではなく、リクルートでは”目標”という言い方をしていて、評価制度には前述の通り「Will-Can-Mustシート」が用いられています。本人が主体的に取り組めるように目標設定を行う仕組みになっているので、たとえ目標を達成できなかったとしてもなぜ出来なかったのか、どうすれば良かったのかといった自分自身での気付きや行動の方を重視されます。

 

リクルートへ転職するために押さえておきたい重要なポイント

これからリクルートへの転職をお考えの方に、まず押さえておくべき転職ポイントをまとめてご紹介していきます。

リクルートの会社概要

社名 株式会社リクルート
創業 1960年3月31日
2012年 10月1日 株式会社リクルートホールディングス設立時の分社化により設立
2018年 4月1日 株式会社リクルートに商号変更
2021年 株式会社リクルートと事業会社7社が統合。新生株式会社リクルートに。
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー
URL https://www.recruit.co.jp
代表 北村吉弘
従業員数 17,327人(2022年4月1日現在 / アルバイト・パート含む)
資本金 3億5千万円
マッチング&ソリューション事業の売上収益 6,586億円(2021年4月1日~2022年3月31日)

 

リクルートの社風の特徴

以下のポイントから「リクルートらしさ」を表す社風の特徴を見ていきましょう。

・社員同士の相互理解

・リクルート内の口癖

・圧倒的当事者意識

・個の尊重

・若手でも大きな裁量権

・自由でフラットな環境

・表彰制度・評価制度

社員の相互理解

入社から1年後に、Career Development Program(CDP)という自己認識を高めあう研修があります。どんな人生を過ごしてきたか、自分の強みや弱みなどをみんなで共有しあい、自己理解、相互理解を深めます。研修には多くの時間を使うため、相互理解だけでなく、互いが尊重しあえる組織体制を築いています。また、実際の業務において、相手の課題点や仕事の中で感じた点を指摘しあったり、改善点を伝えたりする時間もあります。苦しい時間に思えますが、ポジティブな姿勢で取り組むものであり、言いたいことが言い合えるオープンな環境を作ることができると言えるでしょう。

リクルートはこうしたお互いが切磋琢磨しあう環境にあるため、企業文化や色濃く、組織が強くなっているのだと思います。

リクルート内の口癖

元リクルートの方々が卒業後もこの言葉を使っているのをよく見ます。もはやリクルートの企業文化ともいえる口癖を並べてみます。

 

(1)お前はどうしたいの?

(2)じゃあやってみれば?

(3)圧倒的当事者意識

(4)仕事の報酬は仕事

(5)お前のWILLは?

(6)何目的?

(7)無言の奴は会議に出る意味はない

(8)相手の心に火をつけろ

(9)昨日を超える

(10)自ら機会を創り出し機会によって自らを変えよ

 

人によって多少表現は変わるものの、これらの意識が社内全員で共通しており、これがリクルートという企業文化を作り上げています。

圧倒的当事者意識

リクルートを体現する言葉の一つです。時価総額上位にある企業であるにもかかわらず、社風はベンチャー企業であり、多くの起業家を生み出す企業でもあるリクルートの秘密のひとつに「圧倒的当事者意識」があります。

他人ではなく自分がやる、自分がバリューを出すことで事業を推進させる、自分の手で事業を大きくしていく、こうした考えが根付いているのがリクルートです。

この「圧倒的当事者意識」は面接においてもチェックされる重要なポイントであり、過去の体験から深堀質問をしながら見極められるので、自身のエピソードを話せるようにしておいたほうがいいでしょう。

個の尊重

リクルートでは創業以来、“価値の源泉は人”という考えが浸透しており、一人ひとりの持っている力を遺憾なく発揮してもらうため、その時代に合った様々な制度や働き方を定めてきています。リクルートの経営理念でもある「バリューズ [ 大切にする価値観 ]」でも、この個の尊重に触れており、

”すべては好奇心から始まる。一人ひとりの好奇心が、抑えられない情熱を生み、その違いが価値を創る。すべての偉業は、個人の突拍子もないアイディアと、データや事実が結び付いたときに始まるのだ。私たちは、情熱に投資する。”

と書かれています。

若手でも大きな裁量権

リクルートでは年功序列という概念はなく、新卒入社2、3年目でも大きな仕事を任されます。そのため年齢や在籍年数などで評価はされず、ミッショングレード制という実績・成果による評価制度を導入しています。例えばリクルートの主要事業のPMとして予算管理やベンダーマネジメント、スケジュール管理を行う事業企画や、サービス戦略策定を行うプロダクトマネージャーなどのポジションを入社3年目で担当するなど、年齢に関係なく大きな仕事、レベルの高いミッションを任されます。

自由でフラットな環境

仕事の進め方について決められたものはなく、利益・成果にコミットしているので、その自由度が高いことが特徴です。実際の例として「ハローワーク経由の決定シェアが高い企業に対して、ハローワーク向けの求人票をブラッシュアップの提案をする」ということを提言したところ、会社の短期的な利益には必ずしも繋がりにくい提案であるにも関わらず、上司からは「良い行動だね」と褒められた、といったケースもあるようです。

また、社内においては多種多様なバックグラウンドを持つ中途社員が多いため、前職の業種などに偏りがない環境です。管理職や上司の方々も友達のように付き合ってくれるので、ランチでも飲みに行くのも自然に誘える社風となっています。キャリアで悩んだ時などは部門上司はもちろん、他部門の管理職の方ともよく飲みに行って相談していることも多いです。

表彰制度・評価制度

リクルートでは、多くの部署でアワードと呼ばれる表彰の仕組みが整えられています。これらは、一般的に見られる社長賞のような会社としての賞ではなく、各従業員が審査するという特殊な構造となっています。参加者は原則として全社員であり、管理職が多く票数を持つ場合もありますが、基本的には多数決で選出し、審査を通じて全員がフィードバックをもらえ、参加者も満足度の高いものとなっています。部署によっては週・月・クオーター・半年・年間と、頻繁に表彰しているところもあり、社員のやる気、モチベーションにも繋がるリクルート独自の社風となっています。

またWill-Can-Mustシートやミッショングレード制といった評価制度もリクルートの企業文化を作っているかと思います。

 

リクルートの選考ステップ・回数

リクルートの中途採用における選考フローは基本的には以下のようになっています。

・書類選考

・SPI

・面接(2~3回)

※一部、企画職や特殊なポジションについては面接回数が増えるケースもあります。

面接では、応募職種に関わる部門の現場マネージャーや部長、役員が面接官として登場してきます。また人事が1次面接を担当する場合もあります(職種によって変わってきます)。

現在はWeb面接のケースが多いです。

採用ポジション

リクルートの職種は大きくコーポレート職、ビジネス職、テクノロジー職の3種類に分かれています。営業職においては雇用形態が下記のように総合正社員、地域限定社員(SE)、カウンター職、そして3年雇用の契約社員と分かれています。地域限定社員やカウンター職、契約社員については、特定の地域・領域・職種での募集となっています。

例えば営業ポジションに応募したいとき、総合正社員なのか地域限定社員なのか契約社員なのか、自分自身のこれからの働き方や、キャリア志向に応じて選ぶ必要があります。

リクルートへのご転職をお考えの方へ

リクルートへの転職は難易度は非常に高く、十分な面接対策なしでは内定獲得は難しいと言えます。

sincereedはリクルート出身者、最終面接官をはじめ、DX領域における転職支援経験や業務経験者を有するエージェントです。リクルート出身だからこそわかる選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

リクルートでのキャリア、リクルートへの転職にご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

リクルート 転職関連情報

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。