パーソルキャリアの中途採用・転職難易度、採用倍率は?トップエージェントが明かす対策方法
2024/01/09

パーソルキャリアの中途採用・転職難易度、採用倍率は?トップエージェントが明かす対策方法

人材サービス業界売上2位の規模で、知名度・実績トップクラスのパーソルキャリアですが、様々なポジションで中途採用を行っていますが、その転職難易度は一般的な企業と比べると高いと言えるでしょう。

理由としては、新卒においても優秀な方が多く地頭力はもちろん中途採用の場合はポジションによって高い専門性も求められます。また人材サービス業界でもトップクラスの売上を誇る会社のため、クライアント企業はもちろん社内外からの期待値も高いためです。面接ではリクルートなど他人材大手企業とも比較されるため、なぜパーソルなのかをしっかりと答えるための自己分析・企業分析も必要になってきます。

ここでは、弊社sincereedの転職ノウハウの一部から、求める人材像や、各選考のポイント、さらにはこれまでご支援させて頂いた転職事例をもとに「パーソルキャリアへの転職成功ポイント」をご紹介していきます。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

 

そもそもなぜパーソルキャリアの中途採用倍率はなぜ高いのか?

倍率が高い理由としては、

(1) 応募数が多い

(2) 高い専門性が求められる

(3) 面接の通過率が低い

の3点が挙げられます。

 

(1) 応募数が多い

パーソルキャリアは人材サービス業界でもトップクラスの売上規模を誇る人気企業であり、中途だけでなく新卒でも就職したい企業ランキングに毎年ランクインしています。転職サイトであるDODAをはじめ、高年収向けのiXなどCMや広告で有名なため、それだけ応募数も多くなります。また企業の成り立ちとしてベンチャー気質なところあるため、パーソルキャリアを経て、起業するなどその後のキャリアを視野に入れた転職を考える方も多く、採用難易度もおのずと高くなっている印象です。

 

(2) 高い専門性が求められる

営業職の場合には人材業界の経験は歓迎要件ではありますが、クライアント企業に対しての課題解決力や、柔軟な折衝力、チームとして動いていくための協調性など、単に営業経験のみでは難しく、高い顧客志向が求められます。また企画職もパーソルキャリアが手掛ける規模と同等の経験が求められること、IT領域では高い専門性はもちろん、人物面などコミュニケーション能力も求められるため難易度は高くなるでしょう。

 

(2) 面接の通過率が低い

上記2点の通り、人気企業であり、採用ポジションでの求めるスキルから、おのずと面接通過率も低くなっています。特に人材サービス業界ということもありクライアント企業とのリレーションや、リクルートやエン・ジャパンなどの他社人材企業ではなく、なぜパーソルキャリアなのかを論理的に述べることがポイントとなっており、その通過率は低くなっています。

 

どのような対策が必要か?

パーソルキャリアへの転職では面接対策が重要なポイントとなります。書類においても実際に不採用になっているケースもあるため、ここでは書類、面接と合わせて、どのような対策が必要なのかご紹介していきます。

 

書類対策

一般的な書き方で問題ありませんが、応募ポジションと親和性のある経験、スキルをアピールしましょう。専門職であればどんな業務内容を経験してきたのか、企画系であれば実績を記載するようにしましょう。転職エージェントに相談し、客観的な意見も交えてブラッシュアップしながら進めると良いかと思います。 応募書類の重要なポイントは人事担当者に「会ってみたい」を思ってもらうことです。どんなに人物面がよくてもこの書類選考で落ちてしまっては面接で何も伝えられません。

 

面接対策

パーソルキャリアでは「外向き」「自分ゴト化」「成長マインド」を体現している方を求めており、入社することがゴールではなく入社後にどういう風に自身が働いていくのかを具体的にイメージできるている方を採用したいと考えています。もちろん会社としてのビジョンやミッションに共感しているかどうかも重要ですが、長く活躍してほしい、というのが企業の本音ですので下記のような質問内容から、なぜパーソルキャリアへの転職なのかを答えられるようにしておきましょう。

  • なぜパーソルキャリアなのか、他企業ではないのか
  • パーソルキャリアに入って何がしたいのか
  • 5年後、10年後どうなっていたいのか
  • これまで挫折体験、どう乗り越えてきたのか
  • 自分の強みは?弱みは?
  • なぜ現職を辞めるのか
  • 最近読んで良かった本は?それはなぜ?

などの質問をされますので、自身の経歴や志望動機を踏まえ、論理的にロジックがしっかりと通る回答を心がけると共に、端的に納得感のある回答をする必要があります。

 

転職エージェントに相談する

「パーソルキャリアがどのような人材を求めているのか」を的確に把握することが転職成功のカギとなります。 sincereedではパーソルキャリアへの転職支援数も多く、「どんな人材を求めているのか」このポイントを熟知しており、選考ノウハウはもちろん、入社事例やWebサイトには掲載されていないエクスクルーシブな情報も提供させていただきます。まずは一度ご相談頂ければ幸いです。

 

パーソルキャリアが求める人材像

スキルセットは職種ごと変わってきますが、人事本部 キャリア採用部 ゼネラルマネジャー 中村 友香氏は以下のように語っています。

「外向き」「自分ゴト化」「成長マインド」を体現している方と、共にはたらきたい

キャリア採用では、入社を希望する方が当社のビジョンやミッションに共感しているかどうか、「外向き」「自分ゴト化」「成長マインド」という3つのバリューを体現しているかどうかを大切にしています。「採用すること」がゴールではなく、入社後の活躍が具体的にイメージできる方に入社してもらい、長く活躍をしてもらうことを目指しています。それは、これからのパーソルキャリアを一緒につくっていける方に来てほしいと切に願っているからです。

 

さらに代表取締役社長 瀬野尾 裕氏は、

想いを持ち、ぶつかってきてほしい 強烈なボトムアップの組織に

パーソルキャリアの社員がキャリアオーナーシップを育むための文化、環境づくりも大切にしたいと思っています。

当社は今、5000人規模の組織になりました。一般的に組織が大きくなると血流が悪くなりがちですが、どんなに大きくなっても、10人のような組織、ベンチャー企業のようなオープンでフラットな議論ができる組織でありたいのです。自分ならこうしたい、という想いを持ちながらはたらけたら、もっと楽しくなると思うんです。

僕は、社員と会社とが共に成長し合える良い関係を作りたいと考えています。みなさんには徹底的に顧客を起点に考え、こだわりや想いをぶつけてきていただきたいです。上司の顔色をうかがうなんて無駄なことはしなくていい。違うと思うことは、そう伝えてほしい。どんどん議論を交わして、一緒によりよい方向性を見つけていきたいのです。

そうした多様な価値観を受け止められる会社であれば、我々のサービスはきっともっと成長できる。強烈なボトムアップの組織を作りたいです。

と語っています。

 

このことから、

  • 当事者意識をもって取り組める人
  • 顧客だけでなくチームとのコミュニケーションも大切にする人
  • クライアントのために切磋琢磨できる人
  • パーソルキャリアに入ってやりたいこと、ビジョンがある人

を求めていることが分かります。

面接ではこれらのことを意識しながら、面接官の質問に答えていくと良いでしょう。

 

パーソルキャリアの選考フローは?

パーソルキャリアの選考フローは以下のようになっています。ポジションに応じて面接回数や、オンライン・対面など異なってきます。応募から内定までは、大体1カ月~2カ月程度となっています。

 

書類選考

各ポジションの採用責任者が履歴書・職務経歴書を基に判断されます。応募ポジションと親和性のある経験、スキルをアピールしましょう。専門職であればどんな業務内容を経験してきたのか、企画系であれば実績を記載するようにしましょう。

 

面接+Web適正検査

面接は2~4回程度を実施予定となっており、募集ポジションのリーダークラスの方、人事担当との面接になります。パーソルキャリアが求めている人材像を基に、自身の経験やパーソルキャリアでやりたいこと、なぜパーソルキャリアなのかを論理的に答えていきましょう。また選考プロセスの中でWeb適正検査も行われますので必ず忘れずに受検することと、この内容を基に面接も見られますので、特に性格テストなどでは、その時々の回答ではなく、自身のことを素直に回答していくことがベターです。適正検査の内容と、面接での乖離がないように気を付けましょう。

 

最終面接

最終では役員面接の場合が多く、基本的には他面接と同じ内容になりますが、ここでも書類→Web適正検査→面接で答えた内容と齟齬がないよう、ロジカルに答えていきましょう。

※ポジションによっては面接回数や聞かれる質問内容は異なります。選考途中にリファレンスチェックが行われる場合もあります。

 

パーソルキャリア 中途採用情報

パーソルキャリアでは営業職(営業/キャリアアドバイザー)、企画職(事業企画/営業企画/その他企画)IT/テクノロジー、マーケティング、クリエイティブ、コーポレート、管理職(マネジメント/エキスパート)、アシスタントと分かれており、その中でも代表的な求人ポジションをいくつかご紹介していきます。

パーソルキャリアでは様々なサービス展開をしている他、全国に拠点を持っているので、東京本社だけでなく他地域での採用も行っています。

 

ハイキャリア層向けキャリアアドバイザー

職種ポジション ハイキャリア層向けキャリアアドバイザー
仕事内容 1)doda登録ハイキャリア層の候補者へのキャリアカウンセリング、転職活動に対しての動機付け、dodaリソース等でのスカウト
2)採用ニーズに応じて、企業採用担当者への求人ヒアリング、採用要件定義、転職市場動向・個人の転職志向性の企業向け周知
3)転職活動における具体的支援(活動開始時期のタイミング、日程調整、面接対策、意向整理など各フェーズに応じて対応)
4)退職交渉フォロー/入社前後フォロー…転職先決定後、退職交渉が円滑に進められるようフォローを行います。
CAは現在、dodaの登録者を中心に担当するCAと、外部DBを活用してスカウトした方をご支援するCAで分かれており、適性に応じて配属いたします。
求める経験・スキル ■必須条件:・人材紹介経験者(RA、CA、両面型問わず)
給与 年収 492万円~796万円(キャリアアドバイザー手当含む/残業20時間想定の場合
※週3日程度のリモート勤務を導入中

 

経営支援コンサルティング営業

職種ポジション 経営支援コンサルティング営業
仕事内容 プロシェアリングサービス「HiPro Biz」にて、経営支援コンサルティング営業を募集します。豊富な経験・知見を有する、19000名以上のプロ人材データベースを活用し、企業のあらゆる経営課題解決の支援を行っていただきます。

経営課題を抱えている経営者や事業責任者とお会いし、課題をヒアリング。経営パートナーとして、課題解決のためのプロジェクト設計、適切なプロ人材のマッチング、プロジェクト運営を実施します。
(1)顧客開拓:顧客企業のターゲティングの上、テレマーケティング・メール・社内連携などを通じて、経営層へアポイントを獲得します。
(2)課題抽出:経営テーマや課題認識について、仮説をもとにヒアリングを行い、本質的な課題を特定します。
(3)プロ人材の選定:課題に対してどのような支援ができるか、プロジェクト設計を行います。また、適切なプロ人材を選定し、プロジェクトへの協力依頼を行います。
(4)面談ディスカッション:Hipro Biz×顧客企業×プロ人材の面談の場を設定し、具体的な支援イメージのプレゼンテーションを行います。
(5)プロジェクトフォロー:顧客企業・プロ人材それぞれと連携を取りながら、プロジェクトの進捗状況の確認や追加提案を行います。
※支援テーマ例:新規事業の立ち上げ、人事制度の構築、マーケティング・PRの戦略策定、営業戦略立案など

求める経験・スキル ■必須条件:
・社会人歴:2年以上
・営業経験1年以上(法人・個人/業界不問)
※ご経験により、上記満たさずとも通過となる可能性もございます。■歓迎条件:
・思考力/行動力/達成志向性/提案力/成長意欲に優れた方
・新規開拓営業のご経験がある方
・人材業界や無形商材の営業経験をお持ちの方
・社会や経営課題の解決に興味がある方、介在価値の大きい仕事をしたい方
・営業として圧倒的に成長したい方
給与 年収 406万円~768万円(残業20時間想定の場合)

クライアント企画部(法人営業向け企画)

職種ポジション クライアント企画部(法人営業向け企画)
仕事内容 ①法人営業戦略:
法人顧客資産の拡大に向けた、必要な顧客資産数の算出、顧客セグメンテーション、セグメントごとのあるべき顧客・人員のアロケーショの立案など、より多くの顧客のご期待に応えるための戦略を立案します。営業戦略、KPI設計の力で事業をリードします。
②業績向上のための業務プロセス変革(BPR):
売上拡大と生産性向上に向けた業務改善の実施。間接業務の削減施策や業務プロセス改革・改善による効率性の追求、顧客管理システム(Salesforce)の抜本改善等による生産性の向上を企画・実行します。
③営業支援企画(セールスイネーブルメント):
アーリー・ミドルクラスの営業の営業品質向上に向けた、商談・提案プロセスの洗い出し、各種資料のひな形化、ライブラリ化をはじめ、もっとも営業の風景を理解している企画として、営業支援のITソリューションの企画・開発を行います。■プロジェクト事例
・法人顧客資産最大化のための、顧客と営業人員のアロケーション
・AIを用いた、求人情報のスコアリング
・商談動画情報の解析
・Salesforceを使った、顧客管理システムの導入
・全体業務プロセスの工数分析を踏まえた、各業務プロセスの自動化
・各種単純業務のアウトソース・RPA化、200名規模のアシスタント組織の組成
求める経験・スキル ■必須条件:以下いずれかのご経験がある方
・コンサルティングファームでの戦略立案経験
・事業会社の営業企画・事業企画・経営企画などでの企画経験
・新規事業開発やサービスづくりで、リーダー・責任者としてシステム開発や収益化までしている経験■歓迎条件
・業務プロセスの課題発掘・分析~改善の経験(BPRの経験)
・Salesforceの導入・運用・改善提案などの経験
・CRMにおける企画・設計・運用の経験
・営業支援、セールスイネーブルメントの経験
・人材業界に関わった経験
給与 650万円~1120万円 (残業30時間想定の場合/管理職グレードの場合職務手当もしくは固定残業手当込み)

新規サービス開発エンジニア/テックリード

職種ポジション 新規サービス開発エンジニア/テックリード
仕事内容 新たな「はたらく」サービス、新規事業開発のテックリードとして業務に携わり、技術でチームを牽引していただきます。新規事業の内容によっては、既存サービスを担当するチームや事業企画チームとの連携も必要となるため、技術だけでなく、必要に応じて PM として既存事業部署との調整等も担当いただきます。
また、企画考案の初期段階では Design Sprint を始めとしたサービス設計にも積極的に携わっていただき、自身のアイディアを反映する事が可能です。現状はWebアプリケーションの開発が主ですが、サービスの特性に応じて PWA や SPA、SSR を導入する等、ユーザー体験を意識した開発を担っていただきます。
– 新規サービスのアプリケーション設計、開発
– アーキテクチャ設計、ミドルウェア選定と導入
– メンバーへの技術サポート、プロジェクトリード
– ユーザーの行動ログなどの定量/定性的な分析による施策効果測定、それによるサービス改善
Google Cloud Platform を利用したサーバレスな構成を採用しつつ、Vue.js、Nuxt.js 等の JavaScript フレームワークを用いて新規開発を進めています。
よりスピード感を持って良いサービスを開発するために、新技術へのチャレンジを積極的に行い、開発環境を改善していただきます。
求める経験・スキル 必須条件
– フロントエンド、バックエンド両方の開発スキルをお持ちの方
– 開発リーダー、テックリードを努めた経験がある方
– 必要に応じて社内外の連携をリード、PMとしてProjectを前に進められる方
– アーキテクチャ設計、ミドルウェア選定等、技術選定の経験
– AWS/GCPの各種サービスを利用した設計・開発・運用経験歓迎する経験・スキル
– toC/toB両方でのサービス開発経験
– サービスグロース施策提案、実施経験
給与 年収 760万円 〜 1200万円

転職サービス「doda」「dodaX」のカスタマー企画

職種ポジション 転職サービス「doda」「dodaX」のカスタマー企画
仕事内容 転職支援サービス「doda」「dodaX」などの個人顧客向けプロダクト、マーケティング企画を担う組織でKPI設計・管理業務を中心とした全体方針立案と、データ分析を元にした組織のPDCAをご担当いただきます。
dodaおよびdodaXでは職業紹介や求人広告など形態が異なる複数のサービスをご提供しています。そのため、サービス全体の顧客体験設計を担うカスタマーP&M本部では、複数のサービスを横断して利用するカスタマーの複雑な行動データを要素分解、構造化しながら理解し、事業収益最大化、顧客体験価値向上の実現を目指しており、そのためのKPI設計や方針立案が重要な役割となります。
■業務詳細:
・カスタマー行動に関する組織目標(KGI/KPI)と達成計画の策定 ※プロダクト・マーケティングの企画部門に加え、各事業企画、経営企画等の社内関係者と連携いただきます。
・年次/月次/週次での数値計画のPDCA管理・報告
・事業の意思決定に関わるカスタマー分析および組織を横断した企画や戦略の提案
・各施策担当部署の予算達成/戦略立案に向けたデータ支援等のバックアップ
求める経験・スキル ■必須条件:以下いずれかのご経験を2年以上お持ちの方
本ポジションは業務内容のうち、KPI設計・管理を中心とした事業管理要素が強い業務の比重が大きくなることを想定しています。
・サービス・プロダクトに関わるKPI設計、KPIマネジメント経験
・事業企画、経営企画、営業企画等の企画部署で事業・組織の計画策定~実行推進を行った経験
・多角的視点からデータ分析、施策立案、効果検証を行った経験(同組織のアナリティクスやUI/UX改善提案要素が強いポジションは【データストラテジスト】の求人をご参照ください)

■歓迎条件:
・マッチングビジネスの経験
・個人向けサービスの集客またはプロダクト企画経験(特にフルファネル集客戦略立案、LTV観点からのサービス変革経験)
・コンサルファーム等での業務コンサルティング経験
・データアナリストの実務経験
・リーダーもしくはPMとしてのプロジェクトマネジメント経験
・複数サービス、事業を横断する事業、サービス戦略立案、改善の経験

給与 年収 483万円~805万円 (残業30時間想定の場合)

 

「doda」のデザインエンジニア

職種ポジション 「doda」のデザインエンジニア
仕事内容 dodaのマーケティング領域のフロントエンドを中心に、デザインエンジニアとしてご活躍いただきます。
(デザインよりもフロントエンド業務が中心となります)・フロントエンド設計・実装(HTML、CSS、JavaScript)
・WEBサイトのデザイン
求める経験・スキル 必須条件
・フロントエンド設計・実装(CSS設計やJavaScriptのコーディング経験など)
・他職種との連携業務歓迎する経験・スキル
・WEBデザインもしくはUI/UXデザイン
・プロトタイピングツールを活用したデザイン作成
・解析ツールを活用したデザイン改善(ABテストなど)
・CMSを使用したサイト運用
・メンバー育成、フォロー
給与 年収 500万円~800万円

 

 

日本最大級の転職サイト「doda」のWebサイト開発・Webディレクター(SEO)

職種ポジション 日本最大級の転職サイト「doda」のWebサイト開発・Webディレクター(SEO)
仕事内容 累計会員数約750万人の転職サービス「doda」の個人向けサイトのSEO企画・開発ディレクション業務をお任せします。
主な役割は、dodaサイトのSEOにて集客したユーザーを登録・応募に繋げるためのサイト改善のPDCAをまわしていただきます。カスタマーP&M本部の方針に従い、打ち手の列挙、ROI試算、スケジュールをリーダーとともに策定していただきます。
SEOやサイト改善の企画・立案を行い、担当施策の最終アウトプット(QDC)に責任を持ち、プロジェクトをリードしていただきます。
その結果として、定められた領域のKPI/KGI及び、dodaサイトにいかに貢献できたかで、評価が定まります。

・toC向け、キーワード選定、順位アップ施策、クローラビリティ、コアウェブバイタルなどの、テクニカルSEOなどの施策の遂行。
・ユーザーのインテントに沿った企画立案、UI/UX改善、ワイヤーフレーム作成、要件定義、デザインディレクション、開発ディレクション、効果測定など

求める経験・スキル 【必須条件】
・webディレクターとして企画・要件定義、開発プロジェクトの経験がある方
(エンジニアやデザイナーとのディレクション経験がある方)
・SEO知見、経験
・定量目標でのPDCA経験【歓迎条件】
・事業会社にてwebサービスの企画に携わった経験がある方
・SEOに関する知識・スキルを身に着けていきたい意欲が高い方
・Searchconsole・Adobe Analyticsなど、計測ツールを使った数値計測や取得・分析経験
・グロースハック経験、ABテスト設計&実施の経験がある方
・PO/PL/PM/PDMとしてプロジェクトチームを率いた経験がある方 ・アジャイル開発の経験がある方
給与 年収 460万~800万

パーソルキャリア 基本情報:会社概要

社名 パーソルキャリア株式会社
英文社名 PERSOL CAREER CO., LTD.
資本金 1,127百万円
代表者 代表取締役社長 瀬野尾 裕
社員数 5,756名(有期社員含む グループ会社出向中の者は除く 2023年3月1日時点)

オフィスは、全国26拠点で北海道、東北、首都圏・関東、中部、関西、中国、九州など日本前項にオフィスを構えています。

 

パーソルキャリアの経営理念・ビジョン

経営理念

雇用の創造・人々の成長・社会貢献

 

グループビジョン

はたらいて、笑おう。

はたらくことは、生きること。 はたらき方は、一人ひとり違うもの。 だから、自分の “はたらく” は、自分で決める。

すべての “はたらく” が、笑顔につながる社会を目指して。

 

行動指針

誠実 すべてのことに、真摯に向き合おう

顧客志向 信頼を得て、お客さまの期待を超えよう

プロフェッショナリズム 志高く、磨き続けよう

チームワーク 多様性を活かし、組織の成果を最大化しよう

挑戦と変革 自ら考え、行動し、変化することを楽しもう

 

働き方・福利厚生

パーソルキャリアでは働き方や休暇、社内交流、福利厚生など、さまざまな支援を積極的に行っています。

 

働き方

リモートワーク

それぞれの置かれている状況や仕事内容に“より適した”ワークスペース(自宅など)を選択することで、限られた時間を 有効に活用し、自律的に仕事をすすめることが可能です。またフルリモート勤務社員は、全国30拠点のいずれかのパーソルキャリアのオフィスに出社可能な範囲であれば、日本国内どこでも居住が可能です。

 

フリーアドレス

座席の柔軟性を高めることで、その日の気分や、その日の業務の内容によって座席を自ら積極的に選択し、自分なりの生産性の高いはたらき方を推奨しています。

 

フレックス制

コアタイムありの1ヶ月ごとのフレックス制を導入しています。コアタイムに出勤いただければ、始業、退勤時間は個人やチームにお任せしています。組織ごとにコアタイムが設定され、柔軟に運用されています。

 

ドレスコード

2019年より、ドレスコードの原則自由化を進めています。顧客に価値提供するうえで最もふさわしく、生産性を高めることができる服装を、自ら選択することができます。

 

福利厚生

リロクラブ

映画館やホテルなどのレジャー施設・サービスを特別優待価格にて利用できます。

 

パーソルキャリア健康保険組合

社員が加入できる、「はたらく」を健康面からサポートする組合。病気・けが・ライフイベントを支え、健康づくり・心身のリフレッシュにつなげる保険事業などを利用できます。

 

その他

TOEIC優待試験などの学びの支援などを用意しています。

 

パーソルキャリアへのご転職をお考えの方へ

パーソルキャリアへの転職は難易度は非常に高く、十分な面接対策なしでは内定獲得は難しいと言えます。

弊社sincereedだからこそわかる選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

パーソルキャリアへの転職にご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。