【大阪勤務(関西)】リクルートの中途採用ポジションは?
2022/12/05

【大阪勤務(関西)】リクルートの中途採用ポジションは?

監修者

sincereed株式会社南雲 亮

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてキャリアアドバイザー、マーケティング企画、事業企画/プロダクト/DX推進マネジャーを経験。
その後、新規事業開発に携わり、HRテクノロジーSaaS「リクナビHRTech」の新規事業開発/エージェントサービス企画部長を歴任。
中途採用の最終面接官としても数百名の候補者とも面接した経験を持つ。

リクルートへのご転職をお考えの方の中で、地元で働きたい、好きな街で働きたいと思っている方も少なくないと思います。今回はリクルートで勤務地が大阪(関西)の中途採用ポジションのご紹介と、さらにその転職方法も合わせてご紹介していきます。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

キャリア相談会

無料転職登録

大阪(関西)勤務ポジションはあります!地域・職種限定正社員(SE)

リクルートでは正社員の中でも、地域を限定した**地域・職種限定正社員(SE)**と呼ばれる雇用形態を用意しています。「地域や職種を限定したポジション」です。

十数年前は多くの大手企業で転勤が当たり前で、結婚していても独身でも関係なくジョブローテーションの一環で経験を積んでもらうために行われていましたが、やはり転勤を敬遠する人は多いのが事実です。結婚して家庭を持っている人は単身赴任や家族全員での引越しになってしまいます。独身の方でもその町に愛着があったり、その場所に住み続けたいと考える方も多くなりました。また転勤という話が上がったら従業員が転職してしまう、ということが起きてしまっては企業としてもマイナスです。

そこでリクルートでは地域・職種を限定したポジションを用意しています。特に企業・お客様との関わりが強い営業ポジションが主体となりますが、大手企業に転職したいけど地元を離れたくないという方には魅力的なポジションとなっています。

入社後はメンバーとして経験を積んだ後、チームのメンバーをマネジメントするリーダーになることも可能、異なる事業領域への異動や、リクルートでの営業ポジション(顧客接点職)の範囲においての職種変更(例:メディア営業→キャリアアドバイザー)の可能性もあり、キャリアの幅も広く用意されています。

地域限定職種は転職を考える方だけでなく、雇う側であるリクルートにとっても大きなメリットがあります。その地域のお客様である企業や消費者に対して、地域独特のニーズを把握できる人材を育成し配置、長く働いて顧客に伴走してもらうことを期待しての採用です。ただし地域をまたいだ転勤はありませんが、リクルートでは地域ブロックを約10か所に分けており、このブロック内での転勤可能性はあります。

大阪(関西)で募集している地域・職種限定正社員(SE)

2022年11月現在で募集しているポジションは以下になります。

多くは営業ポジション(リクルートでは顧客接点職と呼ばれている)になります。

【営業関連ポジション】

渉外営業/まなび進学情報領域/関西/大阪府(地域・種限定正社員) 大学渉外/新卒採用領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員)

インサイドセールス/中途採用領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員) 企画営業/中途採用領域/全国(地域・職種限定正社員) 企画営業/中途採用領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員) 企画営業/飲食領域/全国(地域・職種限定正社員) 企画営業/旅行領域/全国(地域・職種限定正社員) 企画営業/飲食・ビューティ領域/全国(契約社員) メディア営業(マーケット共創部)/新卒採用領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員) 営業/マリッジ&ファミリー領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員) 営業/まなび教育支援領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員) 営業/新規事業領域/関西/大阪(地域・職種限定社員) ソリューション営業/住宅領域/関西/大阪府/大阪市(地域・職種限定正社員) ソリューション営業/住宅領域/大阪府/大阪市 ソリューション営業/住宅領域/全国(地域・職種限定正社員) クライアントサクセス/中途採用領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員) リクルーティングアドバイザー/新卒採用領域/関西/大阪府(地域・職種限定正社員)

【その他ポジション】

ソリューションプランナー・制作ディレクター(事業領域横断)/編集ディレクター(じゃらん) 教室長/まなび教育支援領域/関西/大阪府(地域・職種限定社員) スーモカウンター住宅アドバイザー/住宅領域/全国(カウンター社員) スーモカウンター住宅アドバイザー/住宅領域/関西/大阪府・奈良県(カウンター社員) スーモカウンター住宅アドバイザー/住宅領域/関西/兵庫県/姫路市・加古川市(カウンター社員)

大阪(関西)ポジションでの働き方は?

大阪だから、地域職種だからと言ってリクルートそのものの働き方は変わりません。いくつか人事制度や働き方、さらに福利厚生を見ていきましょう。

リクルートの人事制度

リクルートは創業以来、“価値の源泉は人”という考えが浸透しており、一人ひとりの持っている力をいかんなく発揮してもらうため、会社が提供するものとして、3つのPROMISEを定めています。これがリクルートでの働き方や制度の大きなポイントとなってきますので、まずはご紹介いたします。

能力開発・チャレンジできる機会拡充

自分自身の好奇心に気づき、それを育めるよう日々の職務を超え、自律的に新しい仕事にチャレンジするための機会を拡充する

安心安全を前提に柔軟によりクリエイティブ高く、個々人の働き方を選択しやすい環境に

どんな多様性も受け入れていくために、より柔軟に自律的に選択しやすい、新しい働き方の推進を目指す

Pay for Parformance

チャレンジした結果に対して新たな機会と報酬で報いる

この3つのPROMISEを基に様々な福利厚生や制度をリクルートは用意しています。

リクルートでの働き方

リクルートは働く「場所」、「⽇・時間」を個⼈の⽣活環境に合わせて、⾃由に選択できるような制度設計を⾏っております。

働く場所の柔軟性

理由・回数を問わないリモートワークの全社導入により、柔軟な働く場所を選択できる

働く日・時間の柔軟性

育児・介護など個々人のライフステージに合わせて、柔軟に働く日・時間を選択できる

理由・回数を問わないリモートワーク

一部の職種を除き、理由・回数を問わないリモートワークを全社導入。出社しないことを前提とした働き方へシフトしております。それに伴い、通勤交通費は実費支給へと変更。これまで認められていなかった、特急料金も条件付きで許可される場合もあります。これにより遠方通勤もしやすくなるなど、働く場所の柔軟性を高めています。

年間平均週休約3日

暦上の休日や有給休暇とは別に、取得する日を自分で決められる年間休日を増やし、合計で145日としています※。これにより、年間平均では週休2.8日となります。一日の所定労働時間は8時間に変更し、年間所定労働時間、給与ともに変更はありません。

リクルート独自の特別休暇

ライフステージの変化等に左右されず、常に仕事との両立を実現しやすい状態を目指すため、全社員がより柔軟に取得できる特別休暇を用意しています。

週休約3日

一人ひとりが自律的に働く日を選択することで、働く・休むのメリハリをつけやすくしています。1日の所定労働時間を7.5時間から8時間に変更する代わりに、暦上の休日や有休休暇とは別に、取得する日を自分で決められる年間休日(フレキシブル休日)を増やし、合計で145日としています。これにより、年間平均では週休2.8日となります。なお、年間所定労働時間、給与共に変更はありません。

さらに特徴的な制度を5つご紹介いたします。

出産育児休暇 妊娠〜育児期間の多様なシーンで活⽤できる休暇です。男性も利⽤可能。初回付与時点での末⼦の年齢と週所定勤務日数に応じて、最⼤40⽇付与されます。お子様が12歳になる年度の、3月末まで利用可能です。

ケア休暇 家族のケアの際に使⽤できる休暇です。介護認定不要で、ペットのケアでも取得可能です。週所定勤務日数に応じて、最⼤年5⽇付与されます。

ストック休暇 年次有給休暇の未消化分を、上限40⽇積⽴できる休暇です。 ※病気・育児・不妊治療・介護・慶弔・ボランティア等の限定した取得要件があります。

STEP休暇 在籍3年ごとに1回取得できる休暇です。暦⽇で14〜28⽇(休⽇を含む)の範囲で任意に取得可能です。 ※連続で取得することが必須。

アニバーサリー⼿当 4月1日時点で在籍1年以上の社員を対象に、年次有給休暇を連続4日以上利用することで5万円が支給されます。1年度で1回、毎年度利用が可能です。

リクルートの福利厚生一覧

保険や休暇制度などの一覧はこちら。

社会保険 ◦ 健康保険(介護保険) ◦ 厚生年金保険 ◦ 雇用保険 ◦ 労災保険

休暇/休職 ◦ 産前産後休暇 ◦ 介護休暇 ◦ 公傷休暇 ◦ F休暇(生理休暇) ◦ 慶弔休暇 ◦ 裁判員休暇 ◦ 転勤休暇 ◦ 海外出張調整休暇 ◦ 母性健康管理休暇 ◦ 育児休暇 ◦ 介護休職 ◦ 労災休職 ◦ 傷病休暇 ◦ 特命休暇

その他 ◦ 確定拠出年金 ◦ 退職一時金 ◦ 持株会 ◦ 部活動 ◦ 定期健康診断 ◦ 過重労働面談 ◦ リフレッシュ(マッサージ) ◦ 各種相談窓口

キャリア相談会

キャリア相談会
転職ありきでない、フラットなキャリアプランのディスカッションをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。

リクルート大阪(関西)ポジションへの転職方法・面接対策

リクルートではどんな人材が求められるのかというと、例えば営業ポジションであれば経験があり実績を出してきた方というだけでなく、全職種で共通して以下のようなポイントが求められます。

・一貫したキャリアに関する価値観を語れること

・構造的・論理的思考能力

・素直さ

・当事者意識

・行動力

この5つのポイントはリクルートのカルチャーが大きく反映されており「リクルート=圧倒的な当事者意識」を表すように自律した個人を尊重し、成長を支援するカルチャーが根付いている特徴的なポイントになります。

自らがビジネスを作っていくという気概と責任感、組織の中でどんな役割であっても一つの歯車ではなく、自分はどうしたいのか、何を実現したいのかという部分が重要になります。

一貫したキャリアに関する価値観を語れること

リクルートのカルチャーで最も特徴的なのは、「ボトムアップ型」の組織であるということです。会社のいいなりではなく、個人として仕事で何を実現したいと考えているのか。そのためになぜリクルートである必要があるのか、ということが問われます。また、リクルートの人事評価制度は、Will・Can・Mustというフレームワークで運用されています。Will=仕事を通じて実現したいこと、ありたい姿、Can=持ち味・スキル・経験・武器・強み、Must=現部署でのミッションという考え方です。面接官は面接でもこのフレームワークに則って、あなたのキャリア観・転職軸を深堀りします。そのため、面接に向けてご自身のキャリアに関する価値観・転職軸を整理しましょう。

構造的・論理的思考能力

これは一番重要なポイントになります。構造的思考・論理的思考能力は面接を通して常に見られており、転職理由から志望動機、これまでの実績・エピソード、さらには逆質問など、背景や課題を筋道立てて整理され、一貫した内容になっているのか確認しています。もちろん伝える内容も簡潔でわかりやすく、納得感のあるものでなくてはいけません。

対策としては、事前にこれまでの経歴も含め棚卸しをしておく必要があるでしょう。なぜ転職するのか、なぜリクルートなのか、リクルートで活躍するために自身のどんな経験が役立つのか、さらに、どんな実績やエピソードがあればこれらの内容に納得感を持たせることができるのか、事前に自ら「なぜ?なぜ?」と深堀しながら考えて用意していくといいでしょう。

論理的思考能力は、もともとはコンサルタントのフレームワークとして知られていますが、構造化しながら順序立てて筋の通った内容にしていくことが求められています。

素直さ

素直に指摘や状況を受け止められる人材か、謙虚さを持ち合わせているかを確認しています。

中途採用の場合、入社後に年下の上司、年上の部下がいることも多いです。リクルートに限らず、こうした環境下の中でこれまでの経歴・実績のプライドからうまく意見を取り入れられないと、どの企業でも活躍していくことは難しいでしょう。指摘やアドバイスを真摯に受け止め、自身の成長、所属組織やチームの成長に繋げていくことを意識できる人をリクルートでは求めています。

対策としては、面接の回答内容で「環境や他社批判、現職批判となるような発言」は、当事者意識の観点でお見送りとなってしまう可能性がありますので避けた方がいいでしょう。ネガティブな転職理由は、できるだけポジティブな言い回しに変換することを心掛けましょう。またこれまでの業務内容から「素直さ」をアピールできるエピソードがあると良いかもしれません。

当事者意識

当事者意識はリクルートのカルチャーにフィットした人物かを確認するポイントです。自らがビジネスを作っていくという気概と責任感、組織の中でどんな役割であっても一つの歯車ではなく、自分はどうしたいのか、何を実現したいのかという部分が重要になってきます。

面接では、「一段上の視座で物事を見ているか(経営陣やマネジメント、事業、社会の視点)、事業において関わることを多面的に自分ごとと捉え、能動的に活動・発信しているか」という観点で見られています。

対策としては、これまでのご経験・実績エピソードの中で、「当事者意識を発揮して物事に取り組んできた」という点をを盛り込みながら話を進めるといいでしょう。

行動力

当事者意識と関係しますが、自身が考えたことを机上の空論で終わらせず、その仮説を確かめるための行動ができるかどうかがポイントです。面接では、これまでの経験の中で愚直に行動した経験や、現場を見に行き泥臭く実績を求められる人材かを確認しています。 対策としては、自ら情報を取りにいったエピソードや、現場の方々に納得・信頼を得るために自ら巻き込んで業務を進めていった、などの主体的に行動を具体的に伝えるといいでしょう。

関連記事リクルートへの転職

関連記事

リクルートへの転職・中途採用のすべてを元社員が徹底解説リクルートで最終面接官を担当していた転職エージェントがリクルートへの転職対策のすべてを紹介

リクルート大阪(関西)ポジションの選考フローは?

リクルートの中途採用における選考フローは基本的には以下のようになっています。

・書類選考

・SPI

・面接(2~3回)

※一部、企画職や特殊なポジションについては面接回数が増えるケースもあります。

面接では、応募職種に関わる部門の現場マネージャーや部長、役員が面接官として登場してきます。また人事が1次面接を担当する場合もあります(職種によって変わってきます)。

現在はWeb面接のケースが多いです。

リクルート基本情報:会社概要

社名  株式会社リクルート

創業 1960年3月31日

2012年 10月1日 株式会社リクルートホールディングス設立時の分社化により設立

2018年 4月1日 株式会社リクルートに商号変更

2021年株式会社リクルートと事業会社7社が統合。新生株式会社リクルートに。

本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー

URL https://www.recruit.co.jp

代表 北村吉弘

従業員数 17,327人(2022年4月1日現在 / アルバイト・パート含む)

資本金 3億5千万円

マッチング&ソリューション事業の売上収益 | 6,586億円(2021年4月1日~2022年3月31日)

リクルート・大阪(関西)ポジションへの転職はエージェントを使い倒すことが一番の近道

リクルートが求める人材像では「当事者意識」「行動力」「成長意欲」を重要視しており、選考時だけでなくこれらを体現する企業風土となっています。

sincereedではリクルート出身者、最終面接官をはじめ、DX領域における転職支援経験や業務経験を有するエージェントです。リクルート出身だからこそわかる選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

リクルートでのキャリア、リクルートへの転職にご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

キャリア相談会

無料転職登録


リクルート 転職関連情報

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。