リクルート契約社員(3年限定)とは?その後のキャリアは?
2023/01/19

リクルート契約社員(3年限定)とは?その後のキャリアは?

監修者

sincereed株式会社南雲 亮

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてキャリアアドバイザー、マーケティング企画、事業企画/プロダクト/DX推進マネジャーを経験。
その後、新規事業開発に携わり、HRテクノロジーSaaS「リクナビHRTech」の新規事業開発/エージェントサービス企画部長を歴任。
中途採用の最終面接官としても数百名の候補者とも面接した経験を持つ。

リクルートの契約社員(KS社員)は3年の限定雇用ですが、

雇用終了後に100万円のキャリア支援ボーナスが貰え、正社員とほぼ同等のサポートも受けられる、そして「リクルートでの営業経験」が積めることで、その後の転職市場でも評価される経験の一つとなります。

そもそもリクルートの契約社員とはどのような職種なのか、そして3年契約終了後はどのようなキャリアを皆さんが歩んでいるのか、ご紹介していきます。

sincereedがリクルートへの転職支援に強い3つの理由

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

キャリア相談会

無料転職登録

現在募集している契約社員ポジションは?

現在では以下の2職種のみとなっています。

● 営業職:飲食領域(ホットペッパーグルメ)

● 営業職:美容領域(ホットペッパービューティー)

勤務地は、北海道から九州まであり希望することができます。

リクルートでは勤務地がブロックごとに分かれており、このブロックを跨いでの転勤はありませんが、例えば東北地方であれば、その中での転勤は将来的にある可能性があります。

(※『ホットペッパーグルメ』に携われるのは、大阪・東京のみ。その後SE社員(地域限定社員:正社員の一つ)にキャリアアップした際にはブロックのいずれかを選択する形となっています。)

 

契約社員の待遇

雇用契約について

契約社員の更新は「1年更新」となっており(初回契約のみ、入社年月日を起算として、6月末日、9月末日、12月末日、3月末日のうち2番目に訪れる日までとする)、最大で3年(ただし、初回の契約期間を含まない)となっています。

※同一雇用形態での再契約や上限年数3年を、越える更新はなく、地域ブロックと職種を限定した、正社員への登用制度もあります(2回/年)

 

応募条件

学歴・職歴は基本的に不問となっており、営業職に未経験から挑戦したい!せっかくなら大企業のリクルートで!という方には非常におすすめです。

求める人材像は、リクルートの正社員応募条件とほぼ同じであり、

ー自ら考え、自ら動くことの出来る方

ー常に学ぶ姿勢があり、成長したい意志がある方

ーカスタマーに新しい行動を生み出す「きっかけ」を創りたい方

が条件となっています。

 

給与・年収

月額固定給25.8万~30.2万

賞与25万円×年2回(6月・12月)

【年収例①】413万

第一地域 営業職/入社1年目 固定月給30.2万円+賞与25万円×年2回の場合

【年収例②】384万円

第二地域 営業職/入社1年目 固定月給27.8万円+賞与25万円×年2回の場合

【年収例③】359万円

第三地域 営業職/入社1年目 固定月給25.8万円+賞与25万円×年2回の場合

※第一地域:東京、神奈川、千葉、埼玉

※第二地域:大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、愛知、三重、岐阜、静岡

※第三地域:上記以外の地域

契約社員とはいえ賞与も用意されており、ほぼ正社員と同じ待遇となっています。

 

福利厚生・休日・有休

福利厚生は、社会保険完備・交通費実費支給、さらに特別休暇(出産育児休暇、ケア休暇、転勤休暇、海外出張調整休暇、公傷休暇)もあります。

休日は週休2日(土曜日、日曜日、国民の祝日等を考慮し、会社カレンダーの定めるところによる)そして夏季、GW、年末年始、年145日(会社休日 140 日+指定休 5日)となっており、有休についても入社時に15日(うち5日は指定休として消化)が付与され、以降1年ごとに、別に定める「契約社員就業規則」により勤続年数に応じた日数が付与されます。

リクルートの契約社員は非常に好待遇であり、3年という限定職とはいえほぼ正社員と同じ待遇です。営業職として活躍していきたい方にとっては恵まれた環境と言えます。

 

研修制度

個人の市場価値や、キャリアを実現していくための、多種多様な成長機会やステージを積極的に提供しています。例えば以下のような制度があります。

ースキルアップや能力開発を目的とした査定フィードバック面談やコーチング

ー契約3年目では、契約満了後の次のステップに向けてのキャリア開発研修あり

ー3年間の契約満了者全員に、一律100万円を支給するキャリアアップ支援金制度あり

 

選考・面接回数

選考は、

・書類選考

・SPI(筆記テスト)

・面接2~3回

となっています。実は正社員と全く同じ選考ステップです。

リクルートの面接では、論理的に考えているのか、当事者意識をもって行動ができるのか、素直で謙虚かを徹底的に見られます。

「なぜリクルートなのか」「ほかの企業ではダメなのか」「営業職でなければいけないのか」などなぜ?なぜ?と深堀される質問をされます。また3年後のビジョンや、これまでの成果・実績、その内容などを質問されますので、ご自身の思考の言語化というところがキーポイントになります。

あまり面接対策をされない方は、書類で通っても面接で不採用となってしまうケースも多く、しっかりとした対策が必要になってきます。

・転職理由

・なぜリクルートなのか

・3年後のビジョン

・これまでの経験

の内容から、自身でも「なぜ?」と自問自答しながら答えを作っていくと良いかもしれません。また面接では想定していなかった質問をされる可能性がありますので、決まった回答を用意しすぎると想定外の質問に答えが困ってしまう場合もありますので、「思考の言語化」「自己分析」から「なぜリクルートなのか」の軸を作っておくと面接もうまく突破できるかと思います。

 

正社員登用されるには?

契約社員から正社員への登用は毎年行われる正社員登用試験が開催されていますので、こちらに合格すれば地域限定社員(SE社員)として雇用されます。

以前までは狭き門でしたが、リクルートとしても契約社員から正社員採用をしたほうが即戦力になるという考えに変わってきていますので、チャンスが広がっています。(※採用方針や制度変更から変わる場合もあります)

キャリア相談会

キャリア相談会 開催中!転職ありきでない、フラットなキャリアプランのディスカッションをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。

そもそもリクルートの契約社員とは

リクルートがホットペッパーグルメやビューティーのサービス展開を始めた2000年ごろは、リクルート内でも人手が足りず、事業拡大していくために生まれた雇用制度です。

転職エージェントや受ける方も「使い捨ての営業」というイメージになってしまいがちですが、リクルートとしては「学歴・職歴に関係なく優秀で、成長したいという強い意志を持っている方はたくさんいるはず」そして「圧倒的な成長機会を会社が用意することで、その方のキャリアも飛躍的に伸ばすことが出来るのでは」という考えからこの契約社員制度が生まれました。

ちなみに社内では契約社員だから待遇が正社員より下なのでは、と思っている方もいるかもしれませんが、上記で挙げた応募詳細からもわかる通り、ほぼ正社員と同じ待遇条件であり、3年で1人前の営業人材を育て上げる「研修制度」も充実しています。

さらに、役割としても契約社員が新規顧客を開拓し、正社員が既存顧客へのサービスを強化していくという役割分担になっていますので、実はリクルートの売上増加を根底で担っているポジションになっています。

 

契約社員3年経過後のキャリアは?

リクルートの契約社員を卒業して、次の転職先としてどこを選んでいるのか?

正社員登用からリクルートの地域限定社員(SE社員)になる方も多く、例えば自身が生まれた地域や、思い入れのある地域を選択して正社員として活躍する方がいらっしゃいます。

またリクルートと同じように大企業でBtoB・BtoCでWebサービス展開するLINE、楽天などの企業や、スタートアップやベンチャー企業など営業スキルからインセンティブを狙える企業、営業職ではなく、一般事務や企画職に進む方などキャリアは様々です。

契約社員終了時にもらえるキャリア支援金100万円を利用して、海外留学や自身で事業を立ち上げる方もいらっしゃいます。

様々なキャリアが存在していますが、「リクルートでの営業経験」は今後の自身のキャリアにおいて大きな武器になります。多くの企業の営業ポジションは、必ず営業経験を望みます。さらに大企業であれば尚更です。しかしリクルートでは営業未経験からチャレンジできるため、大きなチャンスかと思います。

 

最後に

現在リクルートではこれらサービスをさらに成長させていく、また新しいビジネスをさらに作っていくために中途採用に力を入れています。契約社員ポジションにおいても同様です。リクルートへの転職を考えている方にとっては、積極採用中の今が非常にチャンスかと思います。

ただし、リクルートの中途採用は一般の企業と比べると難易度は高く、面接において不採用になるケースが多いです。理由としては「圧倒的当事者意識」「論理的思考能力」といった「リクルートが求めている人材像」の理解が浅く、面接でうまくアピールできないことが挙げられます。

sincereedはリクルート出身者、最終面接官をはじめ、DX領域における転職支援経験や業務経験を有するエージェントです。リクルート出身者だからこそわかる選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

リクルートでのキャリア、リクルートへのご転職にご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

キャリア相談会

無料転職登録


リクルート 転職関連情報

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。