【女性×リクルート】中途採用・転職情報-女性が活躍するリクルート
2023/01/19

【女性×リクルート】中途採用・転職情報-女性が活躍するリクルート

監修者

sincereed株式会社南雲 亮

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてキャリアアドバイザー、マーケティング企画、事業企画/プロダクト/DX推進マネジャーを経験。
その後、新規事業開発に携わり、HRテクノロジーSaaS「リクナビHRTech」の新規事業開発/エージェントサービス企画部長を歴任。
中途採用の最終面接官としても数百名の候補者とも面接した経験を持つ。

リクルートはホットペッパービューティーやグルメ、じゃらんなどの旅行、そしてリクナビをはじめとした人材系サービスなど、女性から人気の高い企業となっています。人気が高い=女性が活躍する企業とも言え、実際にリクルートでは女性活躍のための様々な制度を導入しています。

 

リクルートでは「2030年までにグループ全体の女性管理職比率を50%にする」という目標に向けて、女性社員のキャリア支援、育児支援、管理職の条件の見直しなど、これまで充実した制度をさらにより良いものにしようと施策を行っています。目標として30%を掲げる企業は複数ありますがリクルートのように50%という目標は国内でも非常に珍しいです。この目標は単なるビッグマウスではなく、例えば、保育園探しまで支援するなど、実際の制度として取り入れられており、その本気度がうかがえます。

 

それではリクルートでの女性活躍シーンも含め、中途採用の選考対策方法、年収情報などをご紹介していきます。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

キャリア相談会

無料転職登録

リクルート女性社員の割合は?

リクルートの従業員は全体の48%とほぼ半数となっており、管理職全体における女性比率は27%(2022年4月実績)。管理職の 4人に1人以上が女性となっています。

リクルートでは女性活躍の場を増やすため、管理職比率を増やすなど女性自身のキャリア開発支援を進めています。課長層ですと2006年と比べると10%→30%と増加しており、この割合もまだまだ増えていきそうです。

こうした女性活躍の比率が上がった理由としては、ただ単純に女性を管理職に任用したというわけではありません。どの企業も同じ状況かと思いますが、これまでのキャリア開発を考えると女性のライフイベントによって制度上キャリア形成しにくいという状況がありました。

 

男性女性関係なく優秀な人材やマネジメントに向いている人材は積極的に管理職に登用すべきです。リクルートでは2008年に、事業所内保育園「And’s」(アンズ)を設立したことを契機にワーキングマザーへの両立支援に本格的に着手し、現在、女性従業員の約3割がワーキングマザーとなりました。さらに2016年4月1日施行の女性活躍推進法の制定を受け、この制度環境は加速し、現在に至っています。

もちろん女性だけでなく男性も同じように育児休暇取得を会社としても奨励しており、徐々に取得率も上がっているそうです。

関連記事リクルートへの転職

関連記事

リクルートへの転職・中途採用のすべてを元社員が徹底解説リクルートで最終面接官を担当していた転職エージェントがリクルートへの転職対策のすべてを紹介

リクルートが実施している女性活躍のためのキャリア制度

リクルートが取り組んでいる女性のためのキャリア支援制度です。

 

Career Cafe 28

今後ライフイベントの節目を迎えることの多い女性従業員と、その上長を主な対象に、それぞれキャリア開発研修、マネジメント研修を実施しています。

女性従業員向けの研修である「Career Cafe 28」では、自分の強みを把握し伸ばしていくことで自らの市場価値を高め、いつライフイベントが起こっても自分らしく活躍できる選択肢を増やす方法を、外部講師から学ぶ形式です。

2012年から2020年にかけて累計1000名以上の女性が参加しており、「将来のキャリアに対する不安を解消できた」など、自身のキャリアを前向きに考えるきっかけになっています。

 

Career Cafe 28 BOSS

今後ライフイベントの節目を迎えることの多い女性従業員の上長(管理職)を対象に、2015年からマネジメント研修を実施しています。

研修では、経営戦略における女性活躍推進の意義や、女性メンバーの成長を加速させるために現場で実践できるマネジメントなどを、外部講師から学び、2015年の開始から累計920名以上の管理職が参加しています。

 

エイジョカフェ

営業部門では、女性課長比率が他の職種と比べて低く、女性ロールモデルが比較的少なかったため、若手営業職の女性が長期的なキャリア形成に不安を感じていることから、2018年度からワークショップ「エイジョCafe」を開始しました。女性管理職とのパネルディスカッションを通じてロールモデルに出会える座談会・研修の機会を提供しています。

 

Be a DIVER! VR研修

多様化する従業員の属性やライフスタイルを深く理解するツールとして、2017年度より社内の管理職研修にバーチャル・リアリティ(VR)動画を導入。

第1弾として「育児と仕事の両立」をテーマとしたVRを開発し、育児と仕事を両立する人の生活や心情をVRでの疑似体験で深く理解した上で、組織・チームでの成果を最大化させるマネジメント手法を学ぶ研修を実施しています。

(リクルートの場合、正社員の他にも地域限定正社員という国内を10ブロックに分けて自分の好きなエリアで働けるポジションや、契約社員ポジションもあり、これらすべての平均値となっています。)

 

ワーキングマザーのための保育園設立

2008年に、事業所内保育園「And’s」(アンズ)を設立。ワーキングマザーへの両立支援に本格的に着手し、現在、女性従業員の約3割がワーキングマザーとなっています。

 

優秀な女性社員が育つリクルート

女性だけというわけではありませんが、ご存じの通りリクルートは起業家輩出企業でもあり、ベンチャー企業をはじめ、大手企業の経営層にはリクルート出身者が目立っています。近年ではコンサルティングファーム出身者にもこうした起業家やプロフェッショナル経営者が多くなりましたが、事業会社においては「リクルート」がダントツでしょう。

さて、なぜリクルートが起業家輩出企業として有名なのか、「女性」に焦点を当て、どうやって優秀な社員が育っているのか見ていきましょう。

評価制度

出産・育児などのライフイベントを迎えると、どうしても時間的な制約が生じます。制約があっても実力や働きぶりを正しく評価しないといけません。そのため、プロセスではなく成果で、時間的な制約があっても公平に評価する仕組みをリクルートでは導入しています。

 

Will-Can-Mustシート

一人ひとりの個性を生かし、やりたいことを目標に結びつけるため、本人が実現したいこと(Will)、活かしたい強みや克服したい課題(Can)、業務目標や能力開発につながるミッション(Must)の項目からなる目標管理シートを用いて、半期ごとに運用。本人と上司がすり合わせを行い、本人が主体的・自律的に取り組めるような配置・ミッションを設定します。

女性の幹部候補を育てる

女性活躍のためのキャリア制度でもご紹介しましたが、Career Cafe 28 BOSSというキャリア形成研修を今後ライフイベントの節目を迎えることの多い女性従業員の上長(管理職)を対象に実施しています。研修では、経営戦略における女性活躍推進の意義や、女性メンバーの成長を加速させるために現場で実践できるマネジメントなどを、外部講師も招いて学ぶ形式となっています。

若手のうちに先回りで経験を積ませる

子どもを出産するとなれば、その前後で一時的なキャリアの空白期間が避けられないように、女性にとって仕事における成長やキャリアの構築は常に時間との闘いです。そのため、ライフステージの変化を見据えて先回りをした経験・成長が必要と考えており、入社後は複数のジョブローテーションをさせ個人の強みを活かせる専門性を身に着けられるキャリアを見つけ形成していく、そして実力がある人にはリーダー職に任用するなど、個々の成長を図っており、産育休や時短勤務の期間も成長のハンデにならないようにしています。

 

リクルートの充実した福利厚生

働き方や休暇制度をメインに見ていきましょう。

リクルートでの働き方

リクルートは働く「場所」、「曜日・時間」を個⼈の⽣活環境に合わせて、⾃由に選択できるような制度設計を⾏っております。

 

働く場所の柔軟性

理由・回数を問わないリモートワークの全社導入により、柔軟な働く場所を選択できる

 

働く曜日・時間の柔軟性

育児・介護など個々人のライフステージに合わせて、柔軟に働く曜日・時間を選択できる

 

理由・回数を問わないリモートワーク

一部の職種を除き、理由・回数を問わないリモートワークを全社導入。出社しないことを前提とした働き方へシフトしております。それに伴い、通勤交通費は実費支給へと変更。これまで認められていなかった、特急料金も条件付きで許可される場合もあります。これにより遠方通勤もしやすくなるなど、働く場所の柔軟性を高めています。

 

年間平均週休約3日

暦上の休日や有給休暇とは別に、取得する日を自分で決められる年間休日を増やし、合計で145日としています。※これにより、年間平均では週休2.8日となります。一日の所定労働時間は8時間に変更し、年間所定労働時間、給与ともに変更はありません。

 

休暇制度

ライフステージの変化等に左右されず、常に仕事との両立を実現しやすい状態を目指すため、全社員がより柔軟に取得できる特別休暇を用意しています。

 

週休約3日

一人ひとりが自律的に働く日を選択することで、働く・休むのメリハリをつけやすくしています。1日の所定労働時間を7.5時間から8時間に変更する代わりに、暦上の休日や有給休暇とは別に、フレキシブル休暇(取得する日を自分で決めることができる年間休日)を増やし、合計で145日としています。これにより、年間平均では週休2.8日となります。なお、年間所定労働時間、給与共に変更はありません。

 

出産育児休暇

妊娠〜育児期間の多様なシーンで活⽤できる休暇です。男性も利⽤可能。初回付与時点での末⼦の年齢と週所定勤務日数に応じて、最⼤40⽇付与されます。お子様が12歳になる年度の、3月末まで利用可能です。

 

ケア休暇

家族のケアの際に使⽤できる休暇です。介護認定不要で、ペットのケアでも取得可能です。週所定勤務日数に応じて、最⼤年5⽇付与されます。

 

ストック休暇

年次有給休暇の未消化分を、上限40⽇積⽴できる休暇です。 ※病気・育児・不妊治療・介護・慶弔・ボランティア等の限定した取得要件があります。

 

STEP休暇

在籍3年ごとに1回取得できる休暇です。暦⽇で14〜28⽇(休⽇を含む)の範囲で任意に取得可能です。 ※連続で取得することが必須。

 

アニバーサリー⼿当

4月1日時点で在籍1年以上の社員を対象に、年次有給休暇を連続4日以上利用することで5万円が支給されます。年度で1回、毎年度利用が可能です。

キャリア相談会

キャリア相談会
転職ありきでない、フラットなキャリアプランのディスカッションをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。

リクルート卒業生に実際に聞いた女性の活躍シーン

女性がとても働きやすい

女性のキャリア支援に力を入れていて様々な支援研修を導入しています。女性管理職も多いし、育休復帰者やママさん管理職も多いです。ちなみに男性社員も育休をとる機会が珍しくないです。

働きやすい環境

年間休日145日、基本企画部署はリモートワーク。昔はかなり働くイメージの強い会社でしたが、今は労働時間もPCのログモニタリングベースで管理しており、部署にもよりますが月間約220~240時間くらいが上限となっています。

合理性・公平性の追求

事業部の営業目標は第三者的な企画部門がロジックを決めるので、納得性・公平性が高いです。よくある全部門昨対120%必達!みたいなことはなく、マーケットや競合の状況を冷静に分析し、どの水準であれば事業としても、社員個人としても成長できるか徹底的に考えています。

個性が尊重される

本当に色々な人がいます。仕事だけでなく趣味にも情熱を注いでいる人がいて、例えばヨガをやっていた人が朝活として仕事が始まる前に会社でヨガをやろうと企画したり、音楽好きが集まって事業部の表彰式で演奏したり、それを受け止めてくれる風土が良いなと思いました。

 

気になるリクルートの年収事情-女性

Openworksが発表した「【年齢別】女性社員の年収企業ランキング」によると、リクルートは全企業の中で24位となっていました。

※出典:openwork

25歳時:526万円

30歳時:615万円

35歳時:688万円

40歳時:757万円

(リクルートの場合、正社員の他にも地域限定正社員という国内を10ブロックに分けて自分の好きなエリアで働けるポジションや、契約社員ポジションもあり、これらすべての平均値となっています。)

リクルート独自の給与・報酬制度

リクルートではミッショングレード制を取り入れており、目に見える評価から給与・報酬が決まる仕組みになっています。個々の従業員への役割・期待から変動していくシステムで、納得感も高く自身のミッションが達成すれば、それだけ報酬を得られる、且つ年功序列や相対的に決まるわけではないので正当に評価されていると感じる方も多いようです。

 

ミッショングレード制

半期ごとに、個人が担う職務の価値(期待成果)にグレードを設ける制度です。そのグレードは、個人の能力見立てに期待値を上乗せして設定します。担う職務の価値(期待成果)でグレードが決まるため、年次や経験に関わらず、高い価値の職務を担う個人には高いミッショングレードが設定されます。

 

インセンティブ制

多くは営業ポジションでの制度ですが目標に達成した際にもらえる報酬で、目標予算が月ごとやクォーターごとに設定され達成したらプラスで貰えます。

 

リクルート全体での平均年収は?

リクルートホールディングスが公表している有価証券報告書によると、平均約950万円(2021年実績)になります。また、平均勤続年数は約8年、平均年齢は約38歳となっています。

この年収は、一般職も含めての年収ですので日本の平均年収約450万円と比べてもかなり高い水準にあるかと思います。またリクルート社の競合でもあるパーソルキャリア、マイナビ、JAC、パソナなどの各社と比べてもリクルートが最も年収が高く、社員数1000名を超える大手企業における平均年収約700万円の水準も大きく超えています。

 

リクルートの平均年収推移

2021年 950万円
2020年 965万円
2019年 962万円
2018年 958万円
2017年 872万円
2016年 904万円
2015年 904万円

一部下がっている年度はあるものの、概ね右肩上がりとなっており、リクルートの今後の成長も期待できるかと思います。数年後には平均年収1000万円を超える企業になる可能性もあります。

 

リクルートへの転職・選考対策は?

リクルートの転職では面接対策が重要なポイントになります。

それではどんな対策が必要なのか見ていきましょう。

・書類・筆記対策(SPI)

面接対策

書類・筆記試験対策(SPI)

書類、筆記試験(SPI)ではそこまで厳しくないリクルートですが、実際に落ちてしまっているケースもあります。ですので万全の対策をすることをおすすめします。

まずは「会ってもらう」ことが重要です。どんなに人物面がよくてもこの書類と筆記で落ちてしまっては面接で何も話せません。

 

書類対策

一般的な書き方で問題ありませんが、応募ポジションと親和性のある経験、スキルをアピールしましょう。専門職であればどんな業務内容を経験してきたのか、営業であれば実績はどの程度上げてきたのかを記載するようにしましょう。転職エージェントに相談し、客観的な意見も交えてブラッシュアップしながら進めると良いかと思います。

 

筆記試験対策

リクルートでは筆記試験にSPIを利用しています(筆記テストの種類はSPI・Web-GAB・玉手箱など数種類ある)。SPIはリクルート社のグループ企業であるリクルートマネジメントソリューションズ社が開発した適性検査で、性格検査と能力検査に分かれています。

性格適性検査は、職種や企業風土等に合うか否かを測定しているため、それぞれに応じた好ましい回答があります。あまり作為的に答えてしまうと、面接との統一性が欠けたり、入社してからのギャップに悩んでしまうこともありますので正直に答えましょう。

能力検査はIRT(Item Response Theory:項目反応理論)方式が採用されており、問題数・難易度が受検者によって変わります。 正解すればするほど難しい問題が出題され、不正解だと簡単な問題が出てくる、より受検者の能力を正確に測定するシステムです。

学校などのテストとは違い高得点を出すことが目的ではなく選考を通過するため、ですので正解率7割を目指して対策すると良いかと思います。まずは対策本などから「対策しやすい分野」を優先的に対策し解くスピードを上げ、「対策しにくい分野」に時間を残して丁寧に解いていき、最終的に総合点を上げることがポイントでしょう。

面接対策

面接では徹底的に「リクルートに合う人」かを見られます。面接官が見ているポイントは以下5つです。これは全職種で共通していますので、どの職種で応募する場合でも必ず押さえておきましょう。

・一貫したキャリアに関する価値観を語れること

・構造的・論理的思考能力

・素直さ

・当事者意識

・行動力

この5つのポイントはリクルートのカルチャーが大きく反映されており「リクルート=圧倒的な当事者意識」を表すように自律した個人を尊重し、成長を支援するカルチャーが根付いている特徴的なポイントになります。

自らがビジネスを作っていくという気概と責任感、組織の中でどんな役割であっても一つの歯車ではなく、自分はどうしたいのか、何を実現したいのかという部分が重要になります。

 

リクルートの選考フローは?

リクルートの中途採用における選考フローは基本的には以下のようになっています。

・書類選考

・SPI

・面接(2~3回)

※一部、企画職や特殊なポジションについては面接回数が増えるケースもあります。

面接では、応募職種に関わる部門の現場マネージャーや部長、役員が面接官として登場してきます。また人事が1次面接を担当する場合もあります(職種によって変わってきます)。

現在はWeb面接のケースが多いです。

 

リクルートへのご転職をお考えの方へ

sincereedはリクルート出身者、最終面接官をはじめ、DX領域における転職支援経験や業務経験を有するエージェントです。リクルート出身だからこそわかる選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

リクルートでのキャリア、リクルートへの転職にご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

キャリア相談会

無料転職登録


リクルート 転職関連情報

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。