30歳までの目標を明確にし、若手でも裁量を持てるメガベンチャーへの転職を決意
2022/12/26

30歳までの目標を明確にし、若手でも裁量を持てるメガベンチャーへの転職を決意

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

ご経歴と転職理由

大手通信事業会社に入社後、基地局設置部門に配属。主に基地局設置における新プロジェクトの建て付けや促進、課題解決、戦略策定を行っていました。また、兼務として大阪府におけるユーザ数を向上させるためのエリアマーケティング責任者も担っておりました。

将来、自分が行いたい課題の解決に向け、事業をグロースさせていく能力が必要だと考えていました。具体的には、抽象的な問いを構造化し、打ち手を見出す経験を積みたかったのですが、前職ではその能力を十分に身につけることができないと感じていました。

 

転職エージェント選定

大手スカウトサービスを利用していました。リクルート社に関心を抱いていた中、リクルート社を中心に幅広い求人をご提案下さったので、シンシアード社に面談依頼をしました。また、初回面談後もリクルート社の内定に向けた自己分析のお手伝いや面接対策を手厚くしてくださいました。

 

活動で苦労した点

面接でよく尋ねられる、「なぜ社会人2年目というタイミングで転職をするのか」という問いに答えるために、深く考えさせられました。自分はこれから何をしていきたいのか、どうなりたいのかを考えることに苦労しました。 この問いは、自分がそこから目を背けずに考え続けたということもありますが、足りない情報をエージェントの丹羽様に補っていただけたことが乗り越えられたきっかけだと思っています。

 

転職決定の理由

年収は下げたくなかったことに加え、自分が本当に辿り着きたいところに最短で進むことができる企業、つまり若手でも裁量を持って難しい課題をハンドルすることができる企業を選定基準として考えていました。 年収については、エージェントの丹羽様に交渉いただき、なんとか現年収以上のレンジまで提示いただくことができました。やはり自分が本当にやりたいことに最も近い形で携われるといった点が、リクルート社に入社を決めた最大の理由です。

リクルートへの転職体験談

リクルート 転職関連情報

無料相談を申し込む

担当コンサルタント:丹羽 健人

丹羽 健人

2013年に株式会社エイチ・アイ・エスに入社、法人営業/海外勤務を経験。2016年に株式会社リクルートキャリア(現リクルート)に入社。地方エリアの法人営業を経験後、RPO(採用代行)のプロジェクトマネジャーとして大手顧客の全社採用戦略の立案~実行を担う。2021年にsincereed株式会社に参画。

お問い合わせ

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
年齢必須
最終学歴必須
直近の職歴必須
直近の経験職種必須
現在のご状況必須
個人情報保護について
に同意します。


まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。