ビジネス最上流の戦略コンサルタントから、”手触り感”のある仕事ができる事業会社の企画職へ
2023/06/22

ビジネス最上流の戦略コンサルタントから、”手触り感”のある仕事ができる事業会社の企画職へ

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

ご経歴と転職理由

早稲田大学卒業後、大手コンサルファームに入社。1年間大手通信キャリアにおけるDX関係の新規事業戦略立案〜事業開発(事業計画、PoC計画策定等)、アライアンス企業との交渉に従事しました。その後大手通信キャリアの法人利益目標達成に向けた事業・M&A等アライアンス戦略立案に従事しながら、同時に事業部内の新組織設立に向けた人材・ガバナンス整備(組織体制・プロセス整備〜人材要件策定)も実施。

他にも、大手通信キャリアの新組織における人材評価・育成戦略立案〜制度整備と正式制度への昇華までの支援経験等もあります。 直近では、大手製造業におけるソリューション事業立ち上げ〜売上目標達成に向けた営業プロセス改革・整備、また人事戦略・計画や人事評価制度の策定、全社組織改革を遂行。社長・役員クラスと討議を実施していました。

 

上記のように、これまで戦略コンサルとして事業の上流の経験をメインに積んでいましたが、マネージャーを経験することで、クライアントとの契約期間に関わらず、一つの事業を手触り感を持って下流まで推進し、PDCAサイクルを回す経験をしたいと思うようになり、転職活動をスタートしました。

転職エージェント選定

大手転職エージェントやスカウトサービスを利用していました。エージェントは結果的に3つほど利用しましたが、エージェントの種類に特にこだわりがなく、スカウトで興味のある案件をご紹介くださったエージェントを検討していました。

シンシアード社を選んだ理由は、初回面談の際に、南雲様のお人柄や真摯かつ親身にお話をお聞きいただいた姿を受けて、他のエージェントの方との違いを感じたためです。 その後のメールのやり取りもとても親切で、ためになる情報も詳細にいただけました。

活動で苦労した点

現職が忙しい中での履歴書や職務履歴書の作成、面接の実施やその準備に苦労しました。 特に面接に向けて、自分の考えやエピソード、転職理由を整理することに時間を割きました。移動中など隙間時間を見つけて考える時間を捻出しました。

転職決定の理由

・希望年収を出してもらえるか

・与えられた仕事を淡々とこなすのではなく自ら考えて仕事を見つけ、実施するような土壌が整っている職場か

・一緒に働くことになる社員の方が自分の仕事業務に誇りを持って楽しそうに働いているか

という点を選考の中で基準としていました。

中でもリクルート社は何をやらなければいけないか?を自ら考えて、必要であれば何でもやることができる環境があると感じました。また、実際に社員の方とお話しし、彼らと一緒に働きたいと感じたため、入社を決意しました。

リクルートへの転職体験談

リクルート 転職関連情報

無料相談を申し込む

担当コンサルタント:南雲 亮

南雲 亮

2008年株式会社リクルートキャリア(現リクルート)に入社。
キャリアアドバイザー、マーケティング企画・DX推進マネジャー、HR領域のSaaS新規事業開発・サービス企画部長を歴任。
2021年にsincereedを創業。

お問い合わせ

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
年齢必須
最終学歴必須
直近の職歴必須
直近の経験職種必須
現在のご状況必須
個人情報保護について
に同意します。


まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。