エージェントからの情報収集が転職成功のポイント。金融業界からインターネット業界へ異業種転職。
2023/05/13

エージェントからの情報収集が転職成功のポイント。金融業界からインターネット業界へ異業種転職。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

ご経歴と転職理由

立教大学を卒業後、現職のクレジットカード会社に入社。国内外会員の顧客対応、アクワイアラ業務を経験後、個人向け新規商品企画・既存商品性改善を行いました。その後配属された経営企画部では、営業効率化、顧客管理システム(Salesforce)の開発に携わっていました。

転職に至った理由は、企業を変えて自身の仕事へのモチベーションを上げたかったため、また現在の社内の体制に関する不満があったためです。給与面や人間関係等は転職動機ではありませんでした。

転職エージェント選定

ハイクラス向けスカウトサービスに複数登録していました。「とりあえずやっておくか」という気軽な気持ちでまずは登録。結果的に、若手層をターゲットとしたスカウトサービスが使いやすく求人もマッチしていたので利用を継続しました。

その中で、メッセージからも想起できるご担当者様(南様)のお人柄が、選んだ理由です。当初、あまりエージェントの方を通して転職することを考えていなかったのですが、サービスの仕組み上メッセージは日々メールボックスに入っておりました。プライベートの時間があまりなく、ゆっくりと内容を確認することはありませんでしたが、メール件名に私自身に近いご経験があることを示していただいていた点や、丁寧な名乗り・文面が個人的にとても印象に残り、ご連絡をさせていただきました。

活動で苦労した点

独自に転職活動をしようとしたことがありましたが、会社の業務に追われてしまい、先方との面談時間の調整などがうまくうかなかったことがありました。また、他業界への転職を希望していましたが、情報収集も難しいポイントでした。

今回、南様を通して転職活動をすることで、時間のマネジメントや情報の提供をしていただくことができ、こういったペインポイントが一度に吹き飛んでいます。

転職決定の理由

まず業界軸としては「ヒトと仕事が好き」という理由で人材業界を中心に選んでいました。 また、自身のできること(決済ビジネス・データ・企画)が活かせるか否かという観点を求人上での選定基準としていました。 他にも、新しい分野への興味の有無で決めていたところも多少ありました。

決定先企業であるリクルートはそれらすべてが満たされていましたが、同様の条件があてはまる会社が複数社あった中、面談を通して人柄の良さと仕事へのアグレッシブさが両立している雰囲気を感じ取ることができたため決定しました。

リクルートへの転職体験談

リクルート 転職関連情報

無料相談を申し込む

担当コンサルタント:南 征志

南 征志

新卒で地方銀行にて営業職を経験した後、2018年から株式会社リクルートキャリア(現リクルート)に入社。
大手企業や地方エリアの法人営業、またキャリアアドバイザー業務に従事。
2023年にsincereed株式会社に参画。

お問い合わせ

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
年齢必須
最終学歴必須
直近の職歴必須
直近の経験職種必須
現在のご状況必須
個人情報保護について
に同意します。


まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。