サントリーへの転職、気になる評判・口コミは?
2023/07/12

サントリーへの転職、気になる評判・口コミは?

監修者 藤井 俊介

監修者

sincereed株式会社 藤井 俊介

株式会社リクルートキャリア(現リクルート)にてIT・インターネット領域の法人営業/営業マネジャー、営業領域・IT領域のキャリアアドバイザー組織のマネジャー/部長、東海エリアの部長・地方エリアの部長を歴任。
サントリーの採用コンサルティングを手掛けると共に、サントリーDX領域においてトップクラスの転職支援実績を持つ。

サントリー転職

サントリーへの転職方法は?弊社でご支援をさせていただいた転職事例をもとにした”サントリーへの転職成功のポイント”をご紹介していきます。

サントリーへの転職をお考えの方の中には、評判や口コミが気になる方も多いのではないでしょうか。口コミは本当なのか、自分がイメージする仕事は出来るのか、そもそもサントリーへの転職すべきなのか、など不安な点も多いかと思います。

そこでサントリーの採用コンサルティングも手掛ける弊社sincereedが、実際にサントリーへの転職を支援させていただいた方々へのインタビューも含め、「サントリーの実態」をご紹介していきます。

またサントリーへの転職支援に強いエージェントとして数多くの支援実績を誇る弊社の転職ノウハウや、サントリーへ転職するための重要なポイントも合わせてご紹介していきます。

キャリア相談会

キャリア相談会 開催中!転職ありきでない、フラットなキャリアプランのディスカッションをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。

sincerredをFacebookでシェア sincerredをTwitterでシェア sincerredをLINEでシェア

キャリア相談会

無料転職登録

サントリーの口コミ・評判は?

仕事のやりがい、成長性、社内の雰囲気、福利厚生や社内制度、女性の働き方、などに分けてご紹介していきます。

仕事のやりがい

・風通しがよく、先輩も優しいため、非常に働きがいのある会社。

・メンバーは優秀な人が揃っている。会社に対して健全な危機感をもち、自分自身でどんどん業務を進めていける人が多い。そういった人達と出会えたことは大きな財産になると思う。

・社員の熱量が高いので、仕事を楽しんで取り組んでいる人が多い。スポーツや飲み会が好きな人が多いので、プライベートでも仲が良い印象。

・得意先の社長を始めとする意思決定権者と商談ができるため、自分の交渉次第で商談の成否を決めることができることは大きなやりがい。

・難易度の高い仕事を担当させてもらえるため、乗り越えられたときにやりがいを感じます。

・メンバーの裁量権は大きいので働きがい・やりがいは大きい方だと思う。一方で年功序列のようなこともある。やりたいことがあっても上司、そのまた上司と伺いを立てなければいけないので少し不便な気もするが、これも日本の大企業の特徴だと理解している。ただ、やらせないということはないので、そういった意味で裁量権と言っていいかわからないが、チャレンジできる環境はある。

 

サントリーを代表する言葉「やってみなはれ」。失敗を恐れることなく、新しい価値の創造をめざし、あきらめずに挑み続けることを意味しています。

 

DX領域においては、各大手企業が社内の業務効率化を目的にDXを推進しコスト削減、オペレーション改善を行う中、サントリーでは業界に先駆けた顧客向けDXで売上・利益を上げていくスタイルをとっているため、社員のやりがいにも繋がっているようです。

成長性について

・一般総合職だと3年に一度ジョブローテーションがあるが、異動先は自分の意思をある程度反映してもらえるため、企業側で勝手にキャリアパスを決められるわけではなく自身で決めていけるため自己成長に繋がると思う

・若手にも挑戦の機会を提供してくれるため、試行錯誤するプロセスを繰り返すことで成長していける実感はある。当然ながら自ら成長したり挑戦しようとする意欲が無いと埋もれてしまうので、機会を求めていかないといけない。

・「サントリー大学」という枠組みがあり、格安で研修を受講したり、自己啓発にかかる費用の補助を受けたり、海外で一定期間実務経験を積めるプログラムに参加したりすることができる。

・「主任」やら「副課長」など、名ばかりポジションがないのでマネージャーになるのはなかなか困難。ただし非管理職の年配メンバーにもやりがいのある仕事は振られるし、シニア層のモチベーションアップにも非常に手厚い。

 

「サントリーは人が命。一人ひとりが持てる力を最大限発揮し、活躍することが会社の成長につながる」という考えのもと、さまざまな働き方を想定したきめ細かい人材育成施策を展開しています。研修制度ではAI研修、アジャイル開発研修、UXプロセス研修、データ分析研修、プロジェクトマネジメント研修、SE研修(アプリケーション開発~要件定義~設計等)、セキュリティ研修、クラウド基盤研修、業務改革提案力研修など豊富な制度を用意しており、さらにはグローバルにチャレンジできる制度やビジネススクール(MBA)支援制度なども充実しています。

福利厚生や社内制度

・年間16日以上の有給休暇取得が義務付けられている。マネージャーはメンバーの有給取得日数を把握、足りないようであれば取得するよう促すことが義務付けられている。「有給は必ず取るべきもの」という意識が根付いているため、有給を取得することに対する罪悪感はない。

・「やってみなはれ」の文化は浸透していると思います。個人の裁量の範囲で新しいチャレンジをする事は奨励されていると感じますし、その中で成果を残せばしっかりと評価される土壌もあります。仮にチャレンジがうまくいかなかったとしても、やるべき事をやりきり次への示唆を示せていれば、大きく非難されることはあまり無いように感じます。

・残業時間と有給休暇の取得については管理職の評価指標にもなっているため、部下を働かせすぎたり、休ませなかったりすると上司の評価にもかかわってくる。有給の他に代休も積極的に取得するように勧められる。

・休みたいと思ったときにすぐ休みが取れます。子どもがいると、キッズサポート休暇という有休が年間5日(子どもが二人以上なら10日)もらえます。

 

日本を代表する大企業というだけあり、充実した福利厚生を用意しています。一般的な福利厚生はもちろんですが、メンタルヘルス疾患の予防(専門医のカウンセリング)やマッサージを受けられるヘルスケアルーム、勤続年数の節目に取れる最長4週間のリフレッシュ休暇、さらに家族の生活サポートとして、家族の人間ドックの受診補助や法律相談なども可能となっており、従業員一人ひとりが心身ともに健康な状態で活躍できるよう、安心して働ける環境を整備しています。

女性の働き方

・働きやすい環境かと思います。結婚・出産を理由に退職される方もほとんどいません。キャリアアップに関しても特に男女差は感じません。共働きで育児もこなしつつ管理職に昇進しバリバリ仕事をこなそうと思うと男女問わず一定の大変さはあるかと思いますし、そこに男性だから/女性だからという特段の配慮はあまり無いように思います(良い意味で平等)。

・女性のワークライフバランスにおいては、育児休暇は勿論のこと、復帰までの十分な時間が用意されている。また、復帰時にも時短勤務等が可能。その他、非常に仕事のしやすい環境が人事面含め用意されており、女性にとってはこの上なく働きやすいと感じる。

・女性、男性関係なく自分の意見を言うことはできる。女性の管理職も近年増えており、会社の方針としても積極的に女性の活躍を進めているように感じる。

 

サントリーの働き方改革やダイバーシティ強化の取り組みは、社外からも高い評価を受けており、「日経Smart Work大賞」において、初の「殿堂入り企業」に選出。「女性の活躍推進が進んでいる企業」としての最高認定「えるぼし(3段階目)」、「子育てサポート企業」として最高認定「プラチナくるみん」を獲得しています。

転職前と転職後のギャップ

・サントリーは新卒入社の方が多い会社かなと思っていたので、中途で自分が入ったときに浮いてしまわないか心配でした。でもオンボーディングも含め、本当に暖かく迎えていただいて。既存社員の方々も一緒に頑張っていこうねという雰囲気でしたので、それは良い意味でのギャップでした。

・サントリーというと、”THE・大企業”みたいな、組織、役職間に壁があるようなイメージが強かったのですが、実際に入ってみると、まったくそんなことを感じなかった。

・予算会議は、役職・部門に関係なく、希望者全員が参加できるようになっています。他部署がどんな予算案を立て、どんな方向性で動いているのかといった戦略を聞ける機会にもなるので、これはすごいなと驚きました。透明性が高い会社です。

 

サントリーでは、歴史のある大企業にありがちなトップダウン組織ではなくボトムアップの風土が根付いています。そのため、これまでボトムアップ型の企業カルチャーで経験を積まれてきた方も違和感なくジョインできる環境となっています。現場主体で課題感を抽出し業務を自律的に進めるなど「やってみなはれ」の精神が会社全体で色濃く出ています。

サントリーへ転職するために押さえておきたい重要なポイント

これからサントリーへの転職をお考えの方に、まず押さえておくべき転職ポイントをまとめてご紹介していきます。

サントリー基本情報:会社概要

サントリーでは創業以来「人間の生命の輝き」をめざしています。その実現に向けて、「人」こそが、経営の重要な基盤であるという「人本主義」の考えのもと、さまざまな取り組みを進めています。

会社名 サントリーホールディングス株式会社 (英文表記:Suntory Holdings Limited)
代表取締役会長 佐治 信忠
代表取締役社長 新浪 剛史
所在地 本社(大阪オフィス)

〒530-8203 大阪市北区堂島浜2-1-40 サントリーワールドヘッドクォーターズ

〒135-8631 東京都港区台場2-3-3

創業 1899年
設立 2009年2月16日
資本金 700億円
グループ会社 270社(2022年12月31日現在)
従業員数 40,885人(2022年12月31日現在)
連結売上収益(酒税控除後) 26,588億円(2022年12月31日現在)
連結売上収益(酒税込み) 29,701億円(2022年12月31日現在)
連結営業利益 2,765億円(2022年12月31日現在)

サントリーの社風

◆職場環境

働き方改革を2016年に本格化して以来、残業時間の減少・有給取得日数の向上など着実な業務効率化を推し進めてきました。単なる労働時間の減少ではなく、社員のアイデアやインスピレーションを始めとする総合的な人間力向上を目指しており、最近では創出できた時間をもとに「社員が相互交流する場・学びあう場」をつくることにも力を入れています。バーチャルな学びの場である「寺子屋」では、社員が自らイベントを企画し、知見や学びを積極的に共有している他、共通の趣味で繋がるコミュニティも生まれています。

 

◆挑戦できる企業文化と制度

サントリーは創業以来「やってみなはれ」という価値観を大事にしてきており、多少の失敗には目を瞑り、常に挑戦を後押しする文化が大きな特徴です。大企業にありがちなトップダウンではなくボトムアップのカルチャーであり、会社の制度にも色濃く出ています。その一つに、年に1回、上司と部下で3年後・5年後の将来の姿について話し合う「キャリアビジョン面談」があります。これは、「社員ひとりひとりの挑戦を大切にし、その実現に向けて一緒に考え、必要なスキルを明確にしていく」という、サントリーらしさの表れた制度であると言えます。さらに、自ら手を挙げて行動する機会として、キャリアチャレンジ(現部署での業務を継続ながらグローバル業務遂行に必要なスキルを修得)、トレーニー(海外グループ会社でのオンザジョブトレーニング)、MBA留学等の育成プログラムや、特定部署への異動希望者を募る社内公募制度も充実しています。

 

◆サントリーの従業員という誇り

入社前は人気企業というブランドを意識するものの、入社後は社員の価値観を理解し、企業の社会貢献などの活動を体感することで、「誇れる会社」になっていきます。会社が社員と向き合うことに徹底している姿勢を形として見せていることも大きな特徴で、定年退職した社員にサントリー製品の記念品が贈られたり、食事会が開催されるなど会社と社員の関係が深く、退職した後でもサントリーの社員であることを誇りにしています。

サントリーの選考フローは?

サントリーの選考フローは以下のようになっています。ポジションに応じて面接回数や、オンラインでの試験が異なってきます。

 

<一般的な総合職ポジションの場合>

①書類選考

②適性検査(Web受験)書類選考通過後、指定期日までに実施

③1次面接*オンラインで実施

④最終選考*対面で実施

 

<デジタル領域ポジションの場合>

①書類選考:随時

②適性検査受検(合否関係なし)

③面接選考(2~3回):随時

 

<デジタル領域エンジニアポジションの場合>

①書類選考:随時

②適性検査試験&オンライン技術試験:書類選考通過後実施(合否あり)

③面接選考(2~3回):随時

エンジニアポジションにおいてはスキルチェックのためオンライン試験が課せられます。通常の適性検査とは異なり合否に関係します。

サントリーの採用ポジション

サントリーでは一般職とデジタル領域とで採用が分けられており、前者においては入社日および選考スケジュール(応募締切、面接期間)が決まっています。通期で募集することは少なく、欠員が出たポジションの募集となっています。そのためご自身の志向や経験とマッチする求人があるかはタイミングによって異なります。

一方でデジタル領域の採用は、サントリーとしては初めての通期採用ポジションとなっております。DX化を進めるための既存事業のDX化やグロースを担える人材をはじめ、0→1の新規事業などサントリーの既存事業にとらわれない、新しいアイデアを生み出せる人材も求めています。

サントリーへの転職をお考えの方へ

サントリーへの転職は難易度は非常に高く、十分な面接対策なしでは内定獲得は難しいと言えます。

sincereedでは、サントリーのデジタル本部発足当初から採用コンサルティングをしながらご支援させていただいております。現在もサントリー様と一緒にデジタル人材採用強化に取り組んでおり、デジタル(DX)領域において数多くの支援実績を誇っております。

弊社だからこそ知りえた選考対策、さらには入社後の早期活躍方法についても多くのアドバイス、サポートが可能となっております。

サントリーへの転職にご興味のある方はまずは一度ご相談いただければ幸いです。

サントリー転職

サントリーへの転職方法は?弊社でご支援をさせていただいた転職事例をもとにした”サントリーへの転職成功のポイント”をご紹介していきます。

キャリア相談会

無料転職登録

サントリー 転職関連情報

無料相談を申し込む

まずはキャリア相談から

無料転職相談はこちらから

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

リクルートへの転職 元リク面接官が明かす対策方法

中途採用のすべてを元社員がご紹介「リクルートに合格する人材、しない人材」とは?

転職FAQ

転職FAQ

皆様からよく頂く弊社Sincereedのこと、転職のことなどをまとめてみました。